巨人、選べない大学BIG3「3人とも2桁勝つ力」

巨人、選べない大学BIG3「3人とも2桁勝つ力」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20
No image

練習中、菅野と言葉を交わす巨人高橋監督(撮影・横山健太)

巨人が意中の即戦力投手を大学BIG3に絞り、明日20日のドラフト会議当日まで悩み抜く。18日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、1位候補を大学生投手の目玉である創価大・田中正義、桜美林大・佐々木千隼、明大・柳裕也(いずれも4年)の3人に据えた模様。甲乙つけがたい逸材で、他球団の動向も探りながら最終決断を下す。

ドラフト会議2日前になっても恋人が目移りする。約2週間前のスカウト会議では作新学院の今井ら高校生3人を含む6投手を1位候補に掲げていたが、この日は半分の3人に絞り、すべて大学生が占めた。山下スカウト部長は「名前は言えないけど大学生。即戦力を重視した」と発言。大学BIG3に位置づけられる創価大・田中、桜美林大・佐々木、明大・柳が意中であることは濃厚だ。

どの素材も美しく見える。最速157キロ右腕の田中は今春の右肩故障を差し引いても評価は高い。15日の秋季リーグ、流通経大戦も今季初完投の投球ぶりを確認。同部長は「まだ力を入れたり入れなかったりだけど、強の時は本当にいい速球が行く」と評す。クイックなど課題はあるが、投手としての排気量は別格だ。佐々木も投手として総合力が高く、柳は今秋のパフォーマンスで特に評価を上げた。同部長は「3人とも2ケタ勝つ力がある」とローテの軸と同格としている。だから本命を決めがたい。

この日は1位から3位までシミュレーションし、4位以下を想定する今日19日のスカウト会議を経て、20日のドラフト会議で本番を迎える。同部長は「当日に高橋監督にもビデオを見てもらい、みんなで意見を交換して決める」と話した。ロッテ以外は1位指名を公言していない異例のドラフト。巨人も能力が高すぎて決められない。堤GMは15日の佐々木視察後に「今年は強い球を投げる投手がほしいと思っている」とポイントを挙げていた。最後まで悩み、ポイントに沿って本命を選ぶ。【広重竜太郎】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
楽天・岸“FA成功者”に古巣斬りの極意授かる ロッテ・涌井と合同トレ
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
日本ハム大谷、MLB25歳ルール適用「関係ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加