ルノー・日産・三菱自動車グループ6カ年計画発表

ルノー・日産・三菱自動車グループ6カ年計画発表

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/16
No image

ルノー、日産自動車、三菱自動車のグループは、2022年までに3社で年間1400万台以上を見込む新たな6カ年計画を発表しました。

ルノー、日産などのグループは今年上半期、約527万台の販売台数で世界トップになりました。規模のメリットを生かし、研究開発や生産物流などで協力したり、車の基本構成を共通化させたりすることでグループの強みを発揮したい考えです。100%電気自動車では、2022年までに12車種を発売することや航続距離600キロを達成することなどを目指すとしています。世界各地で環境負荷を抑えた車を導入する動きが強まっていることについて、カルロス・ゴーン会長は「革命が起きつつある。自動車産業のこれまでの在り方を覆すだろう」と述べたうえで、適切な要素技術の開発に投資する考えを示しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スズキ、新型クロスオーバー「クロスビー」初披露へ
ハイビーム、ロービーム、どっち使う? 意外とみんな分かってない「基本的なルール」
アジア一の富豪に中国「恒大集団」会長 不動産事業で資産5兆円
トヨタのイメージを変えるか?新スポーツブランド「GR」誕生
スズキが1.4l直噴ターボエンジンを搭載した新型『スイフトスポーツ』を発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加