【神戸製鋼データ改竄】神鋼社長「不信と心配、深くおわび」 改竄を経産省に報告 経営責任は言及せず

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/12

アルミ製品などの性能データを改竄(かいざん)していた神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長が12日午前、経済産業省で多田明弘製造産業局長に面会した。川崎氏は経緯報告と同時に、「ユーザーや消費者、経産省など多くの方々に不信と心配をおかけし、深くおわびします」と陳謝した。今回の問題が発覚して、川崎氏が公的な場所に登場したのは初めてだ。

川崎氏は「出荷済みの製品の安全確認を最優先課題として万全の体制で取り組み、原因を究明して再発防止策を立案していきたい」と語った。これに対して多田局長は、「公正な取引基盤を揺るがす、誠に遺憾な事態だ」と、猛省を促した。

面会後、川崎氏は報道陣の取材に対し「自らがトップとなって信頼回復に努めたい」としたうえで、自身の経営責任については「原因の検証が終わってから考えたい。まずはそれに万全を期したい」と述べるにとどめた。

今回のデータ改竄は、8日の発表段階では、アルミ・銅製品だけだとしていたが、その後、鉄粉や液晶画面に使う金属材料でも、データ改竄が発覚しており、グループ全体での法令順守(コンプライアンス)意識の欠如が指摘される。このため、今後の業績への懸念や、アルミ戦略の見直しの可能性も浮上している。

問題のアルミ製品は約200社に供給され、自動車や新幹線、防衛産業向けなど影響は広範囲に及ぶ。特にJR東海の新幹線では、車両の台車部品で、日本工業規格(JIS)で定めた強度に足りないアルミが使用されていることが確認されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
走り屋たちに“ユニバ裏” USJ近くで集団暴走
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
誰でもわかる!世論調査はココをコウ読めば当選確実はわかります!
「いじめの原因はいじめられる側にある」という理由は? いじめの“原因”と“責任”を分けて考える4コママンガが考えさせられる
厚労省“ブラック企業リスト”にヤマト運輸が追加 計476社に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加