【クラブW杯】浦和レッズの相手は開幕戦勝利のアルジャジーラに決定! 一撃に秀でたブラジリアンが要警戒だ

【クラブW杯】浦和レッズの相手は開幕戦勝利のアルジャジーラに決定! 一撃に秀でたブラジリアンが要警戒だ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/07
No image

日本人最多出場を飾った岩田卓也。フル出場で奮闘したもののチームを勝利に導くことはできなかった。 (C) Getty Images

No image

鮮烈な決勝弾を決めたロマリーニョは、得点シーン以外にも図抜けた個人技で会場を沸かせた。 (C) REUTERS/AFLO

現地時間12月6日、UAEのハッザ・ビン・ザイード・スタジアムでクラブワールドカップ2017が開幕。開催国王者のアルジャジーラとオセアニア王者のオークランド・シティが激突した。

オークランドの先発メンバーには、これがクラブワールドカップで日本人最多となる6度目の出場となった岩田卓也が、左サイドバックとして名を連ねた。

岩田の活躍にも注目が集まる開幕戦は、互いにコンパクトな陣形を敷いて、相手のボールを奪いに出たことでアグレッシブなゲーム展開の中で進行する。

その中で先にビッグチャンスを迎えたのはオークランドだった。12分にオランダ人FWのライアン・ドフリースが、30分には、ニュージーランド代表MFのカラム・マコワットが、それぞれ強烈なシュートを見舞って相手ゴールを脅かした。

攻め込まれたアルジャジーラだったが、2012年に南米王者コリンチャンスの一員として来日し、クラブワールドカップを制覇した経験を持つブラジル人FWロマリーニョがチームのファーストシュートをものにする。

38分、ロマリーニョは、味方と相手DFが競り合ってこぼれたルーズボールを約30メートルの位置からダイレクトシュート。この鋭い一撃がゴール左下隅へと突き刺さった。

ブラジル人ストライカーの豪快なゴールでアルジャジーラが先手を取った試合は、1-0でハーフタイムへと突入した。

迎えた後半、オークランドは前半と同様に積極的にプレスから攻勢に出ると、序盤からチャンスを創出。50分と51分にはキャメロン・ハーウィソンとエミリアーノ・タデが、それぞれゴールを急襲したが、いずれもアルジャジーラ守護神アリ・ハセエフの牙城を崩し切ることはできなかった。

その後、60%以上もボールを支配して相手を押し込み、二桁を超えるシュート数を浴びせたオークランド。75分には左サイドをオーバーラップした岩田が起点となり、ドフリースが決定機を迎えたが、渾身のシュートはまたもやハセエフにセーブされてしまった。

84分には岩田を下げ、ストライカーのミカ・レアアラファを投入し、最後の最後まで攻め続けたオークランドだったが、粘り強いアルジャジーラの守備は最後まで崩れることはなく試合は終了した。

この結果、勝利したアルジャジーラは、現地時間12月8日に行なわれる準々決勝で浦和レッズとの対戦が決定した。

辛抱強く守り抜いて、快哉を叫んだアルジャジーラ。ほとんどの時間帯で相手にボールを支配され、総シュート数でも5本対17本と大差をつけられたが、決勝点を奪ったブラジル人FWロマリーニョの決定力と個人能力の高さは、浦和も警戒すべきだろう。

また、かつてアヤックスを指揮し、バルセロナやチェルシーでヘッドコーチを務めた経験を持つ戦術家ヘンク・テン・カーテ監督の下で構築された粘り強い守備は、オークランドを完封したことからも分かるように、豊富な駒を持つ浦和の攻撃陣でも、崩すのは容易ではないはず。こちらも対策を講じる必要がありそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
別メニューの遠藤に代わり先発か...浦和DF森脇「自分が出てもやれるところを見せたい」
先制弾スアレス 試合振り返る
C・ロナウドの「俺が歴代最高」発言にラキティッチが待った!「祝福はするけどナンバー1は...」
井手口陽介のリーズ移籍を現地紙も確実視! 気になる移籍金の額面は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加