新顔2つが仲間入り!韓国発のキュートなかき氷店

新顔2つが仲間入り!韓国発のキュートなかき氷店

  • ウォーカープラス
  • 更新日:2018/07/21
No image

左から、人気No.2の「マンゴーヨーグルト」(1620円)、人気No.3の日本限定「桜あん」(1404円)、人気No.1の「きなこ餅」(972円)とビッグスリーがそろい踏み

日本で人気が定着した韓国発のかき氷店は2017年から今年にかけて注目の新顔2つが仲間入りした。サラサラのミルク氷とカスタムかき氷とそれぞれ特徴のある韓国勢は、新たな旋風を巻き起こしそうな予感。未知のかき氷に出会い新店巡りをするなら、ブレイク前の今がチャンスだ。

【写真を見る】左から「#STRAWBER RYgram」(880円)+トッピング(48円/15g)、「#MILKgram」(680円)+トッピング(155円/48g)+アイシングクッキー(別売り200円)、定番メニューの「#OREOgram」(880円)

パウダースノーのような驚きのサラサラ食感「SELECT CAFE KKOTBING」

韓国では「KKOTBING」としては約30店、系列ブランドを含めると約300店を展開。韓国伝統の牛乳氷を最新かき氷機で削ることでサラサラ軽い口溶けを実現。個性的な味のトマトチーズブリュレ(1404円)も試してみよう。

人気No.2の「マンゴーヨーグルト」(写真左・1620円)は、マンゴー果肉とヨーグルトアイス、チーズケーキが好相性。人気No.3は団子を添えた日本限定の「桜あん」(写真中央・1404円)。人気No.1は「きなこ餅」(写真右・972円)で、餅、あんこ、アーモンドスライスで大満足の味わい。

<かき氷Data>種類:約8種 / 使用している氷:牛乳を凍らせたミルク氷 / 混雑状況:土・日曜・祝日は30分未満の行列。混雑のピークは14:00~18:00ごろ。18:00以降は比較的入店しやすいが、夏休みに入ると混雑が予想される / TAKE OUT:あり

韓国発のミルク氷はふわっと感動の口溶け「gram factory」

トッピングで自分好みにカスタマイズできるインスタ映え必至のかき氷。生クリームをのせた韓国で人気のミルク氷のかき氷に、シリアルやお菓子など30種から選ぶ量り売りトッピングをオン。チョコソースが無料なのも高ポイント。

シリアルやマシュマロをのせた「#STRAWBER RYgram」(写真左・880円+トッピング48円/15g)。真っ白でアレンジに最適な「#MILKgram」(写真中央・680円+トッピング155円/48g+アイシングクッキー200円※別売り)。そして定番メニューの「#OREOgram」(880円)と、カラフルなカスタマイズ氷は見た目も味も兼ねそろえている。

<かき氷Data>種類:6種 / 使用している氷:牛乳と練乳を混ぜ合わせたミルク氷 / 混雑状況:雨の日は待つことなく購入できることが多い。7・8月の平日は30分待ち、土・日曜・祝日は常時行列。開店直後の11:00ごろや夕方が狙い目 / TAKE OUT:あり

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケンタッキー500円ランチスタート
そのマンゴーかき氷、ハンパないって!台北の新進店厳選3選
ミルクティ専門店《CHAVATY(チャバティ)》が表参道にオープン!
東京の品川界隈でゆっくりとお酒を楽しめる店3選。仕事帰りに一杯いかがですか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加