上川隆也が語る役者魂「“僕が終わる瞬間”まで役者でいられたら」

上川隆也が語る役者魂「“僕が終わる瞬間”まで役者でいられたら」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/11/09
No image

俳優の上川隆也が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『遺留捜査スペシャル』が、11日(21:00~)に放送される。

上川演じるマイペースで空気を読まない刑事・糸村聡が、遺留品から事件を解決していく同作。被害者が所持していたトンビの羽に興味を持った糸村は、糸口を求めて滝つぼの上流にある「鳶が谷(とびがたに)」へ。そこは、今なお天狗伝説が色濃く残る地だった。一方で、京都府警のホストコンピューターが何者かに不正に侵入され、捜査資料がとある人物にハッキングされる事態も発生。天狗伝説とハッキング、2つの断片を糸村はどう結びつけていくのか…。

上川は台本を読んだときの感想として、「これまでにない題材かつ、展開に驚きました」と語る。さらに天狗伝説とハッキングとが展開していくことに「正直いって最初は『遺留捜査』の物語として成立するのだろうかと思いながら読みはじめたのですが、これがらんや、最後はキチンと『遺留捜査』になっていくのがとても面白く、一方で『遺留捜査』という作品の懐がまたひとつ深くなったと感じました」と明かした。

また、今回の作品では被害者の生前の口ぐせが、「天狗に"天命"を背負わされた」というものだったと判明し、"天命"という言葉がキーワードに。上川自身は「その"天命"という言葉を"願い"として受け止めてよいのであれば、僕は"僕が終わるとき"まで役者でいられたら……という、その一点につきます」と話す。

「"役者が天命だ"と言いきれたらもう少し楽なのでしょうが、さすがにそうはいかないのが、正直なところで…」と笑いつつ、「でも、どう考えあぐねても、ほかのことはできない気がしますので、ずっとお芝居を続けていけたら何よりだろうと思っています。役者という仕事は、僕が人生をかけてやっていきたい、唯一のことですから」とした。

さらに上川は「今回のスペシャルは天狗伝説、限界集落、ITという3つのテーマを元に描かれていきます。そんな『遺留捜査』らしからぬ題材を元に、特対のメンバーがどのように事件を解決していくのか。これまでにない『遺留捜査』をぜひお楽しみください」と呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ついに最終章!『ゲーム・オブ・スローンズ』第八章、2019年4月世界同時放送!
嵐・相葉雅紀&ジャニーズWEST小瀧望ら、広末涼子の皮剥きスキルに感嘆
「みなおか」の人気企画が特番に!『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』11・24放送
『細かすぎて』特番で復活! 石橋貴明「場所を残しておかなければ」
“GENE高”がデイリーに続きウィークリーでも1位を獲得!【視聴熱ウィークリーTOP3】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加