巨人山口俊がDeNA止める、完全アウェー関係ない

巨人山口俊がDeNA止める、完全アウェー関係ない

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

高橋監督(左)と談笑する巨人山口俊(撮影・たえ見朱実)

巨人山口俊投手(30)が8連勝中の好調DeNAを沈める。今日17日のDeNA戦に向けて16日、会場のハードオフ新潟で調整。DeNAは10年連続で新潟で主催試合を組んでおり、先発する4年目飯塚は新潟出身。2週続けての投げ合いは完全アウェーの雰囲気が予想される。チームは前夜15日の広島戦で連敗を喫し、開幕からの15戦で1947年(昭22)以来71年ぶりの10敗目。苦境をどんと構える“裏エース”が救う。

広大な越後平野にどんと立つスタジアムで、山口俊が汗を飛び散らした。肌寒い気候も意に介さず。自身5度目の登板となるハードオフ新潟で準備を進めた。「悪いイメージはない。広いので中長距離打者に対し、より大胆にいきやすい」。中堅122メートル、両翼100メートルの球場全体を見渡した。今季ここまでの登板2試合は、いずれもクオリティースタート(6回を自責3点以内)を完了させて1勝0敗。先発陣屈指の安定感で屋台骨を支えている。

2週連続で同一カード、同じ先発投手との顔合わせとなる。「まだ対戦が浅いので見せていない部分もある。早い段階なので良かったなというのはある」。前回登板の10日DeNA(東京ドーム)は130球の熱投で7回5安打1失点の好投で存在感を誇示した。今回は相手先発の飯塚の「凱旋(がいせん)登板」となり試合当日の球場は完全アウェーが予想されるが「関係ないですね。ホームでやっても僕にとってはベイスターズ戦は独特の雰囲気なので」と腹はとっくにくくっている。

開幕から火曜日から始まる3連戦の初戦を全うしてきた。8連勝中と勢いに乗るDeNA打線に対しては「爆発力がある。1つ間違えれば大量失点につながってしまう」と警戒。一方で相手の息の根を止められれば、チームに勢いを与えることができる。「イニングを重ねるごとに自分の感覚が出てきている。リリーフは登板がかさんでいる。そこを踏まえて気持ちの面で負けないように投げたい」。目が肥えている新潟の野球ファンをうならせる。【為田聡史】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷、初黒星 右手中指のまめが...制球乱れ快進撃ストップ
プロ転向表明の川内優輝「現状打破に矛盾。自分は『現状維持』だった」【一問一答1】
【世界の声】“公務員ランナー”の意外性に称賛
プロ転向表明の川内優輝 職場に伝えておらず「呼び出されると思う」【一問一答3】
68年前の記録を打ち破れるか...ヤクルト・山田哲人にかかる期待
  • このエントリーをはてなブックマークに追加