絶対にやめて!「育ちが悪い」と思われるNG親の教育方針6つ

絶対にやめて!「育ちが悪い」と思われるNG親の教育方針6つ

  • It Mama
  • 更新日:2016/12/02
No image

source:https://www.shutterstock.com/

愛情をいっぱい注ぎながら、日々成長していくわが子を見守るママ。

でも、「どこに出しても恥ずかしくないように」とマナーを教えているのに、大人になった時、「あの人、育ちが悪いよね」なんて後ろ指を差されたら、とても悲しいですよね。

“育ちがいい・悪い”とは経済的に裕福な家庭で育ったかどうかではなく、日々の生活の中ににじみ出ているものです。

そこで今日は、It Mamaライターの教育評論家・立石美津子先生の記事から、「育ちが悪い」と思われてしまう行動と、子どもがそうなってしまうNG教育について解説していきます。

やりがち!「育ちが悪い」と思われる行動5つ

No image

source:https://www.shutterstock.com/

こんな子どもやその親を見て、つい「育ちが良くないな……」と思ったことはありませんか?

(1)食事中のマナーが悪い

(2)箸の持ち方が悪い

(3)友人宅に靴を揃えずあがる

(4)電車内でお菓子を食べ、床や椅子に食べ物のカケラが落ちていても拾わないで下車する

(5)言葉遣いが汚い

化粧をしたり、ブランド物の洋服を着たり、見た目はお金をかければいくらでも変えられますが、自覚がなく、無意識に出てくる日常の行動は、長年培われた“育ち”だったりします。

お金持ちでも食事中の食べ方が下品だったり、相手が不愉快な思いをすることをお構いなしに傍若無人に振る舞う人っていますよね。経済的に恵まれているかどうかではないのです。

「マナーが悪い子」に育つNG親の教育5パターン

No image

source:https://www.shutterstock.com/

ママならば日々子育てに奮闘しているのに、どうして「育ちが悪い」と思われるような行動を取ってしまうのでしょう。

子育て・しつけの中で、次のようなことはありませんか?

(1)大きくなってからしつけを始めている

「まだ小さいから……」なんて思って、行儀の悪さを放っておくのはNG。

“品性”は、大きくなってからは身につかず、生まれてから幼児期の間にしか養われません。

たとえば、「机から下りなさい!」とガミガミ怒っていても、ちっとも言うこと聞かない子ども。

これは「小さいから、机に乗ってもまあいいか!」とある期間、何も注意しないで途中からしつけを始めているので、怒らないと机から下りなくなってしまっているのです。

赤ちゃんでも机の上に乗ったときは、普段より少しばかり怖い表情と低い声でいつもと違う空気を出して、下ろさせましょう。

(2)真剣に叱っていない

幼稚園や小学校に通い始めると、色々な言葉を覚えてきて、たまに「くそばばあ」などと、ひどい言葉を使うことがありますよね。

こんなとき、「ママお婆さんじゃあないわよ、うふふ……」と中途半端な叱り方をするのもNG。それでは、怒っているんだか喜んでいるんだか分かりません。

言ってはならないことを言ったときには、厳しく叱ってください。

中途半端だと、注意する度に「くそばばあ!」と言い、親を敬う気持ちを持たない子どもに育ってしまいます。

(3)悪いことをしたときだけ叱っている

片付いているときは何も言わないで無視するのに、散らかしているときだけ「どうして散らかすの!」と怒鳴る。食事中こぼさないで食べているときは何も言わないで、汚したときだけ「もっときれいに食べなさい」と怒る……。

これもNGです。

片付けている、こぼさないで食べている、というのは、子どもにしてみれば頑張っているのです。

それなのに無視するのは、頑張りを認めてもらえないのと同じです。それでは、態度が元に戻ってしまっても仕方ないですよね。

”叱る”ことと”褒める”ことはセットです。いつも叱ってばかりにならないようにしたいですね。

(4)「のびのびして子どもらしい」と「善悪を知らない」を混同している

元気な子と、ものごとの善悪を知らない子は違います。

やっていいことと悪いことを、大人がしっかりと教えてあげることが大事です。

(5)自分がマナーをこころがけていない

子どもは真似をする天才です。親の後ろ姿を子どもはしっかりと観察し学習していますよ。

もし、マナーが良い子に育って欲しいのなら、自分のマナーを振り返ってみてください。

親がしないことは子どもはしません。親のしているように育つのです。

いかがでしたか。

“育ちが悪い”の“育ち”は、ズバリ、しつけの身につけ方を指すのです。

子どもは親の背中を見て育ちます。

子どもに恥ずかしくない行動と、将来、子どもがとる行動を意識して小さなうちからしつけをしていきましょう。

【画像】

※ Firma V, Velazquez77, Yuganov Konstantin / shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
【気持ち分かる?】みんなの「小っせーけど、どうしてもイライラしてしまうこと」30連発
老舗温泉ホテルの熾烈な価格競争 1泊2食で6000円以下も
秋葉原の「オタク向け美容室」で推しポケモンの髪型にしてもらった
女として見れねぇ......! 「幼児体型な女性」の特徴6つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加