2017年の国内タイヤ需要見通し、新車用タイヤを上方修正 市販用は下方修正

2017年の国内タイヤ需要見通し、新車用タイヤを上方修正 市販用は下方修正

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/15
No image

横浜ゴム(参考画像)

日本自動車タイヤ協会は、2017年の自動車タイヤ国内需要見通しの修正を発表した。

四輪車の新車用タイヤ需要は当初予想より82万8000本増の4361万1000本に上方修正した。小型トラック用が当初予想より20万9000本増となるものの、乗用車用が102万4000本増、トラック・バス用も1万2000本増となるため。上期の実績が想定を上回っているためで、前年比では2%増となる見通し。

また、市販用タイヤ夏・冬用需要(販社販売ベース)見通しは、四輪車用合計が当初見通しより35万5000本マイナスの7048万8000本に下方修正した。このうち、夏タイヤが当初見通しより2万2000本増の4727万8000本に上方修正したものの、冬タイヤが37万7000本マイナスの2321万本にとどまる見込み。

車種別では乗用車用が冬タイヤが当初よりも低水準で5144万4000本に下方修正したほか、小型トラックも1370万5000本に下方修正した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スズキが操作性に優れた新型スクーターとストリートスポーツバイクのエントリーモデルを発売
鳥貴族が「280円均一」を298円に値上げへ 業績・株価への影響はどうなる?
スーパーマーケット顧客満足1位は7年連続で「○○○」
アジア一の富豪に中国「恒大集団」会長 不動産事業で資産5兆円
ハイビーム、ロービーム、どっち使う? 意外とみんな分かってない「基本的なルール」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加