磐田 MF清水貴文と契約更新せず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

J1磐田は12日、昨季J2水戸へ期限付き移籍していたMF清水貴文(25)と契約満了に伴い、今季の契約を更新しないと発表した。

群馬県出身の清水は磐田U―18、中京大を経て2015年に当時J2だった磐田入り。昨季途中からJ2水戸に期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が1試合0得点、J2が15試合0得点。昨季はJ1が0試合0得点、J2が3試合0得点だった。

清水はクラブを通じ、「ユース年代からお世話になったジュビロ磐田で、プロ人生を歩めて本当に幸せでした。少しでも応援してくださり、期待してくださったファン・サポーターの皆さんにはとても申し訳なく思っています。もっとジュビロのユニフォームを着てチームに貢献している姿を見てほしかったですが、それが出来ず悔しいです。ファン・サポーターの皆さんの温かい声援はいつも励みになっていました。いつかもっと成長した姿を見せられるように頑張ります」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
福田正博の心に残るもの。「世界で一番悲しいゴール」を決めた後で...
天皇杯V2千葉、目標のBリーグ王者へ切り替え一丸
新潟退団の成岡翔、相模原加入が決定「新潟で得たものを相模原で...」
長崎シーチケは画期的“分割払い可”「金利・手数料はジャパネットたかたが負担」
ようやく生まれた攻撃陣初ゴール!! MF三好康児「どうしても得点に結び付けたかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加