【無料】古着が生まれ変わる! ただのリメイクじゃない「ファッションリサイクルサービス」がスゴい

【無料】古着が生まれ変わる! ただのリメイクじゃない「ファッションリサイクルサービス」がスゴい

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2017/11/12
No image

すっかり秋らしくなり、秋のファッションを楽しめるようになりましたよね。

新しい洋服を求め、ショッピングを楽しむのもいいけれど、無駄な買い物をできるだけ避け、今ある服を今年らしく着るために、クローゼットを整理したり、壊れかけているものを修理に出すのも、季節の変わり目の今だからこそやっておきたいこと。

そうやって手持ちの服をチェックしていると、かつて沢山着ていた思い出の服や、気に入って着過ぎて飽きた服など、捨てるには惜しい…そんな服があることに気づくことも。

そこで“そんなかつての主役服”が、今の自分に合う主役服に舞い戻る『セカンドライフファッション』サービスが、そごう大宮店の開店30周年と、10月16日(月)に臓器移植法施行から20周年を迎えることを記念して、10月16日から期間限定で開始!

今回は、絶対見逃せない新しいファッションサービス『セカンドライフファッション』サービスについてご紹介します。

『セカンドライフファッション』サービスは無償提供

『セカンドライフファッション』サービスは、昨年、国内外で大きな反響を呼んだ「Second Life Toys~おもちゃの移植手術~」の第二弾として、行われる洋服の移植手術のこと。

臓器移植について考える機会を持つきっかけとして、大切にしていたけれど、何らかの理由で今着ていない服を、移植手術によって修復し、再び命を吹き込んでくれるサービスなのです。

このサービス、お気に入りの服を修理したい参加者(レシビエント)と、着なくなった服を寄贈したい参加者(ドナー)それぞれの服を組み合わせる移植手術を施し、再び新たな衣服になんと無償で提供してくれます。

但し先着50着(特設サイト受付枠30着、11/23イベント当日受付枠20着)の方限定。『セカンドライフファッション』サービスは特設サイトとそごう大宮店のみで展開されるため、まずは特設サイトをぜひチェックしてみてください。

ただのリメイクじゃない!『セカンドファッション』サービス

“元々の洋服に、違う洋服を組み合わせる”と聞いただけでは、ただのリメイクを想像してしまうかもしれませんが、『セカンドライフファッション』サービスは違います。

すでにそごう大宮店では、10月31日(火)から12月25日(月)にかけて、修復した衣服を店内にディスプレイ展示していますが、どれも衣服を大胆に組み合わされ、魅力的に生まれ変わっただけでなく、今のトレンドを感じられるデザインを取り入れた、スタイリッシュな衣服再生サービス。

また、再生された新たな服にはタグを本サービス専用のオシャレなタグに付け替えるため、ただのリメイクでは終わらない、新たな服を手にする機会になるのです。

新たなファッションの楽しみ方を感じられる『セカンドライフファッション』サービス

11/23(木・祝)には、そごう大宮店においてモデルのKIKIさんを迎え、セカンドライフファッションや臓器移植にまつわるトークショーが実施されるので要チェック!

さらに当日はトークショー会場にポップアップのサービスカウンターを設置し、お客様からの修復依頼・寄贈依頼の直接受付があります。

移植手術を通じて活力を取り戻した衣服『セカンドライフファッション』で生まれ変わった新たな服を着ることで、“ずっと変わらない自分の好きなもの”を感じられると、ブレない自分だけのスタイルが出来上がります。

そんな新たなファッションへの楽しみ方も得られる機会にもなる『セカンドライフファッション』サービスは2017年12月25日(月)迄。ぜひそごう大宮店へ足を運んでみてくださいね。

【参考】
「セカンドライフファッション」開始(共同通信PRワイヤー)
セカンドライフファッション

(mimot.(ミモット))

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
意識不明の男性をラブホに放置した女が逮捕 「不倫がバレる」供述に呆れ
営業スマイルを勘違いする男性客にイライラ...... 『接客業やってて一番クソだった客の話』マンガの衝撃の後日談に反応多数
店員がレシートや名札の「フルネーム表示」で恐怖を感じたこと3選
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
売れっ子FPによれば「成績のいい人はモテる人」らしい

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加