黒木瞳、恋の思い出「記憶違い」で短編映画完成...撮影中に「あれっ!?違う」

黒木瞳、恋の思い出「記憶違い」で短編映画完成...撮影中に「あれっ!?違う」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

「ショートショートフィルムフェスティバル」でトークショーを行った黒木瞳=大阪市内

女優・黒木瞳(56)が16日、大阪市内で開幕した映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」に出席した。映画祭では黒木が監督を務めた短編映画「わかれうた」(主演・石野真子)が上映され喝采を浴びたが、トークショーで黒木は同映画が自身のまさかの「記憶違い」から誕生したことを告白した。

同映画は中島みゆきの楽曲「わかれうた」と、高校時代の修学旅行、38年後の同窓会をテーマに、青春時代の淡い恋の記憶が描かれている。

黒木は上映後のトークショーで、映画製作の端緒が、自身の高校時代の修学旅行の記憶だったことを説明。修学旅行で同級生男子がギターで「わかれうた」を弾き語り、その同級生と帰りの夜行列車で語り合い、一時の恋の感情が芽生えた思い出を明かし「青春ですね」と語った。

この記憶を元に、映画の脚本が完成し、今春に撮影を行ったが、黒木は「撮影が始まって『あれっ!?違う』と思い出したんです」と高校時代の思い出に記憶違いがあったことを告白。「同級生が歌ったのは『わかれうた』じゃなくて、河島英五さんの『酒と泪と男と女』だったんです。もうダメですね~」と照れ笑い。

ただ結果として思い描いた作品を完成することができた黒木は「いい記憶違いをしてよかったです」とほほ笑んでいた。

同映画は、昨年公開映画「嫌な女」で初監督を務めた黒木が、初めて短編映画を手がけた作品。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カナダのイケメン首相 なんと「チューバッカ」靴下で登場
神木隆之介インタビュー「今までやったことのない表現や挑戦ができた現場」『3月のライオン』を振り返る
高杉真宙×葉山奨之「セトウツミ」新キャスト発表 学ラン姿も解禁
きのこの山&たけのこの里、まさかの実写ドラマ化
宇多田ヒカル、堺雅人×高畑充希「鎌倉ものがたり」に主題歌を書き下ろし!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加