藤本コーチが新人研修で講師役務める「慢心しないように」と力説

藤本コーチが新人研修で講師役務める「慢心しないように」と力説

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

新人研修会に参加する阪神・小野泰己ら=ヒューイット甲子園(撮影・飯室逸平)

阪神の藤本2軍守備走塁コーチが6日、西宮市内で行われた「阪神タイガース新人選手研修会」で講師役を務めた。

自身の1年目を振り返りながら「慣れることの怖さ」を力説。「ファンやメディアの多さは阪神特有。慢心しないように」と語りかけた。

その上で、野村克也元監督の格言を用いて「『常に野球人の前に社会人であれ』と。プロに残る生き方は本人が決めないといけない」と自覚を求めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ジョーダン」じゃない!ヤクルト、手薄の左腕・アルメンゴ獲得
胃がんからの復帰を目指す! 広島カープ赤松選手が術後初の講演会
松坂大輔が破格の“安売りセール”で阪神、中日に移籍打診?!
阪神・和田TA、「タイガースアカデミー」特別顧問就任
清宮の「21」に思いを寄せて――「日本・ロベルト・クレメンテ賞」の思い出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加