U19内山監督「崩せなかった」イランと引き分け

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

<U-19アジア選手権:日本0-0イラン>◇1次リーグC組◇17日◇バーレーン・マナマ

5大会ぶりのU-20(20歳以下)W杯出場を目指す日本はイランに0-0で引き分けた。勝てば5大会連続の8強進出だったが、お預けとなった。

前半はシュート1本と消極的な攻撃が目立った。後半に入ると、初戦のイエメン戦で得点を挙げたFW岩崎悠人(18=京都橘)同24分にMF原輝綺(18=千葉・市船橋)の2人を投入するも、得点を奪えずにドローに終わった。内山篤監督(57)は「後半勝負というところで、最後のところを崩せなかった。選手は頑張った」と話した。

日本は各組上位2チームの計8チームで行われる決勝トーナメント進出をかけて、前回大会王者のカタールと20日に対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レーサーの井原慶子選手、女性プロアスリート対象の栄誉ある賞に海外で選出される
桐蔭学園「単独優勝できるように」東の横綱が闘志
ハリル監督は日本サッカーの何に苛立っているのか
本田圭佑が若手育成で米国進出...新チーム設立し“本田流”メニューを提供
本田圭佑が米国に育成チーム設立 今月からトライアウト実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加