最新ランキングをチェックしよう
鶴竜 場所中に風邪ひいていた...あえて熱を測らずも座薬、点滴で乗り越える

鶴竜 場所中に風邪ひいていた...あえて熱を測らずも座薬、点滴で乗り越える

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/05/28

大相撲夏場所で自身初となる連覇で5度目の優勝を飾った横綱・鶴竜(32=井筒部屋)が28日、東京都墨田区の同部屋で優勝一夜明け会見に臨み、場所中は風邪による体調不良だったことを明かした。

自身初の連覇達成から一夜明け、笑顔を見せる鶴竜

 「今だから言えるが、3日目ぐらいから風邪をひいていてしんどかった。途中熱があった時もあった。あえて熱は測らなかったが、完全におかしかった。6日目か7日目ぐらい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴景勝の母「夢のような瞬間」 息子を全力サポート、食費は1カ月30万円
栃ノ心 沖縄での冬巡業で奮闘 朝稽古で8戦全勝、幕内トーナメントでもV
栃ノ心、宜野湾トーナメントV「暖かいから体動く」
相撲協会 元貴親方に2000万円支給 退職金と功労金で
東国原氏「貴ノ岩関や優一氏の素行の悪さは耳に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加