ヤクルト坂口、練習試合で一塁守備 小川監督「何かあったときの準備」

ヤクルト坂口、練習試合で一塁守備 小川監督「何かあったときの準備」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/02/15
No image

練習試合で一塁の守備に就いたヤクルトの坂口智隆

◆ 青木復帰に伴い外野争いが激化

ヤクルトの坂口智隆外野手が15日、韓国・ハンファとの練習試合に「1番・中堅」で先発出場し、3回からチャレンジ中の一塁守備に就いた。

ヤクルトは3回から、坂口を中堅から一塁、一塁の武内を右翼、右翼の山崎を中堅へポジション変更。坂口は外野用グラブから一塁用グラブへ持ち変え、4回までの2イニング、一塁手としてプレーした。

3回はさっそく鋭いゴロが襲ってきたが、これを軽快に処理し1アウト。4回は2番手・梅野の乱調もあり目まぐるしく守備位置が変わったが、けん制捕球に外野中継のカットプレーなど、土橋コーチ、二塁・山田、右翼に回った武内らに率先してアドバイスを求めながら、無難に2イニングを守り抜いた。

小川監督は一塁・坂口について、「2イニング守っただけだから何とも。何かあったときの準備。今後はバレンティン、青木、畠山も試合メンバーに入ってくるし、いろいろ動かしながら、今後もタイミングが合えば守ってもらう」と話した。

打撃では3回の第2打席で、中前打を放ったあと、すかさず二盗を決めた。今キャンプは紅白戦から打撃好調。2年連続155安打男の起用法に注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人田中俊太気になる新人 日立刺繍、兄は広島広輔
藤沢五月、快勝も切り替え「やるべきことに集中」
鷹に加入した4人目のキューバ選手、グラシアルが会見「レギュラー獲りたい」
楽天4位渡辺佑樹「戦慄のスライダー」で三振斬り
打者心理でみる「松坂大輔がよみがえる唯一の方法」を名コーチが説く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加