「ニホニウム誇らしい」 新元素名決定 森田九大教授が会見

「ニホニウム誇らしい」 新元素名決定 森田九大教授が会見

  • 西日本新聞
  • 更新日:2016/12/01

原子番号113番の新元素名が正式に「ニホニウム」に決まったことを受け、理化学研究所のチームを率いた森田浩介・九州大教授が1日、福岡市内のホテルで記者会見し「やっと命名されて、正直、ほっとしている。日本を冠した元素名が周期表に載ることは感慨深い」と喜びを語った。元素を日本の科学者が命名したのは初めて。アジアでも初の快挙。

約30年にわたって元素の研究を続けてきた森田教授は約50人の研究チームに対し「実験は日々、何も起こらない中でじっと待ち続けるだけなので、退屈な実験を手を抜くことなく、真剣に取り組んでくれて、本当に感謝している」と語った。

ニホニウムは周期表に記載され、教科書にも掲載される。森田教授は「化学を習い始めた子どもたちがニホニウムを見て、化学に興味を持ってもらえたらうれしい」と笑顔を見せた。今後の研究目標については「第8周期は未知の領域、化学のフロンティア。119番、120番の発見に全力を注いでいきたい」と意欲を示した。

国際純正・応用化学連合(IUPAC)は15年末に原子番号113の新しい元素として認定し、森田教授らの提案通りに名前が決まった。

=2016/12/01付 西日本新聞夕刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
太陽にウルトラストレートビームを撃ち込むUFOが再度出現!! 本気で“恒星破壊”を試みている緊急事態
糖尿病による目の病気をGoogleのディープラーニング技術は専門医よりも正確に見抜く
腹ぺこバクテリアが下水からエネルギーを取り出し、電力なしで水を浄化
人間が失った人体パーツを自力再生できる可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加