2試合欠場DeNA大和が決勝打「打ててうれしい」

2試合欠場DeNA大和が決勝打「打ててうれしい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/15
No image

11回表DeNA1死二、三塁、2点適時打を放つ大和(撮影・中島郁夫)

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ1-4DeNA>◇14日◇ZOZOマリン

延長11回1死二、三塁から、DeNA大和内野手(30)が中前に決勝の2点適時打を放った。

12日の試合前には、ZOZOマリンでの練習中に打撃練習中のボールが頭頸部(けいぶ)に直撃。救急車で搬送されて、前日13日まで2試合欠場していた。

5回無死満塁の好機では浅い右飛に倒れ「チャンスの場面で凡打していたので、今回は何としても返したいと思い、打席に入りました。つないでチャンスをつくってくれていたので、打ててうれしい」と喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリ吉田正 交流戦MVP弾や パ1位で1000万円いただく
渋谷恒例大騒ぎ スクランブル交差点に歓喜の渦、DJポリスも
ヤクルト青木暴言でプロ初退場「1打席に懸けてる」
交流戦王者ヤクルト暗転 青木が暴言退場...逆転負け
巨人「地獄の伊東キャンプ」とは何だったのか 巧打者・篠塚氏が明かす“意義”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加