カタルーニャ独立問題に揺れるバルサ幹部、「クラブはリーグにとどまるべき」

カタルーニャ独立問題に揺れるバルサ幹部、「クラブはリーグにとどまるべき」

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/12
No image

サッカー欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦、FCバルセロナ対ユベントス。FCバルセロナのサポーターがスタンドにつるしたアスタラーダ(カタルーニャ独立旗、2017年4月19日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】スペイン1部リーグ、FCバルセロナのオスカル・グラウ最高経営責任者(CEO)は11日、カタルーニャ自治州の指導者らが独立宣言に署名する中、クラブはリーグにとどまるべきとの考えを示した。

2016-17シーズンの収支報告を行なったグラウCEOは、「予算はラ・リーガに参加することを前提に組まれている。ラ・リーガとバルサはこれからも一緒であるべきだと考えている」と発表している。

「スポンサーはバルサとの関係、クラブの体制、プレースタイル、クラブのDNA、広告価値、そしてわれわれが常に維持していく価値にとても満足している」

カタルーニャ自治州のカルレス・プチデモン州首相は10日、1日の住民投票を受け、「カタルーニャを独立共和国にするという人々の要求は受け入れる」と発表したが、スペイン政府との対話の機会を設けるため、独立宣言の即時実施は保留する意向を表明した。

スペイン・プロサッカーリーグ機構のハビエル・テバス会長は、カタルーニャ州が独立した場合、バルセロナが引き続きリーグにとどまるのは難しいとの見解を繰り返し示している。

今週テバス会長はbeINスポーツに対し、「反乱が成功した場合、われわれはバルセロナ抜きのリーグ実現に向けて尽力していくことになる」とコメントしている。

その理由としてテバス会長は、スペインのスポーツ法ではスペインかアンドラのチームしか同国のリーグへの参加が許されていないためだとしている。

しかしながら、特にバルセロナがリーグから抜ける経済的な打撃を理由に、カタルーニャのチームが引き続きリーグに参加できるように法律が変更され、独立が正式に認められた場合はテバス会長の強硬な姿勢は軟化するとの見方が大勢を占めている。

バルセロナはカタルーニャの自決権への支持を表明しているが、独立を支持する姿勢は示していない。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムヒタリアンは香川と同じ道をたどる!? 英紙が懸念「シンジと全ての面が似ている」
日本が激突するイングランドはU-17W杯屈指のタレント軍団! マンUの歴史を塗り替えた逸材も
日本のW杯抽選格付けは最下位濃厚「死の組」危機も
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
CL未勝利のリバプール、マリボル戦に向けてコウチーニョら招集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加