禁断の「頭部移植手術」に恐るべき陰謀?

禁断の「頭部移植手術」に恐るべき陰謀?

  • 日刊大衆
  • 更新日:2017/10/13
No image

禁断の「頭部移植手術」に恐るべき陰謀?

夢の医療か、神への冒瀆か――。そんな“禁断の手術”が物議を醸している。「2016年に、サルの頭部を切断して、別のサルの胴体をつなぐという“頭部移植”の実験をイタリアの医師、セルジオ・カナベーロ博士が成功させたというニュースが報じられ、今年中にはヒトの頭部移植が、中国の医科大学の下で実施されると発表されたんです」(科学情報誌記者)

【関連】キムタクは4位!?「今一番かっこいいジャニーズ」は誰?

手術を受けるとされていた患者は、筋萎縮症の一種を患う30代のロシア人科学者。これが実現すれば、医学界の大革命。一部のマスコミも色めき立ったが、ここにきて、この患者が直前になって手術を受けないと決めたことを、カナベーロ医師が自身のフェイスブックで明らかにしたのだ。

■動物実験では手術後に死亡

ある科学ジャーナリストが言う。「はっきり言って、実現は不可能です。サルの実験で成功したと言っていますが、これはあくまで、呼吸器系と循環器系をつないだだけの話で、神経接続はしていないんです。だから、術後に血液が流れて呼吸をしていたというだけで、動いてはいない。今年4月にはラットの実験で成功し、術後に歩いている映像が流れましたが、この映像も、正直怪しいものです」

これまでの動物実験では、いずれも術後数時間~数日で死亡しているという。「切断した指の神経を縫合して元通りに動くようになるということはあります。ただし、これは元来くっついていた神経をつなぐだけの話。別人のものをつなぎ合わせるとなると、事情が変わるのは当然」(前同)

しかも、ヒトの脊髄はそんなに単純ではないという。「脊髄には何千もの神経の管が通っています。別人のそれを一つ一つ縫合するなんて、できるはずがない。それなのに、この医師は、脊髄同士をポリエチレングリコールという接着剤でつなぐだけだというのだから、かなり乱暴な話です」(同)

患者が土壇場で逃げ出すのも、当然といったところかもしれない。さらに、「医学はまだ、臓器移植も困難な段階です。仮に手術が成功したところで、免疫が働いて拒絶反応を起こし、臓器不全になるか、正常細胞ががん化するかで、健康な体を手に入れるのは、難しいでしょうね」(同)

■中国は軍事目的のサイボーグを作ろうとしている!?

では、それほど成功の可能性の低い手術を繰り返そうとする理由は何なのか。「夢の医療」という大義名分の裏に「中国の陰謀」が見え隠れすると指摘するのは、前出の科学誌記者。「実は、この実験を始めたのはロシアなんです。ロシアがイヌの頭部に機械の体をつなごうとした。つまり、戦闘用サイボーグを造る実験だったんです。中国で手術が行われようとしているということは、背後に中国政府、もしくは中国の軍がいる可能性もある。つまり中国が、軍事目的のサイボーグを作る実験をしようとしているのではないかとの噂もあります」

なんという恐ろしい話だろうか。究極の医療が、実は戦闘兵器開発の“人体実験”だったとすれば、許される行為ではない。同医師は、中国人の別の患者で来年にも手術を行うとしているが、はたして実現してしまうのか。その行く末が気になる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【盗撮事件】民泊に宿泊したカップルがベッドに向けられた「隠しカメラ」を発見 → 宿主は逮捕
「人間の顔した獣発見」と騒動
“3世代”にわたり奇形児が生まれ続けるベトナム戦争「枯葉剤」の悲劇写真10選! 米国の残酷な戦争犯罪とは?
農地にトランスジェンダーの斬首遺体 パキスタン
絶滅危惧種の最小イルカ、保護計画で初確保も幼すぎて解放 メキシコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加