見据える次の舞台!横浜・増田、笑顔で散るも堂々「プロ一本」宣言

見据える次の舞台!横浜・増田、笑顔で散るも堂々「プロ一本」宣言

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

第99回全国高校野球選手権大会第4日第2試合(横浜4-6秀岳館、11日、甲子園)横浜(神奈川)は秀岳館に4-6で敗戦。増田珠(しゅう)外野手(3年)はプロ志望を宣言した。

涙はなかった。4-6の九回二死、増田の第4打席はプロ注目の左腕、田浦の109キロを打ち上げて左飛。最後の打者になっても笑顔を貫いた。

「やりきった。あのアウトは一生の思い出。今まで笑ってプレーをしてきたので、負けても笑顔を貫けてよかった。宿舎に帰って泣きたいです」

七回に福永の3ランで2点差に詰めたが、初戦敗退。試合後はベンチ入りできなかった3年生のため、甲子園の土を袋いっぱいに持ち帰った。

神奈川大会新記録となる4試合連続本塁打をマークして乗り込んだ全国の舞台。アーチは出なかったが、持ち味は見せた。五回には相手の2枚看板の一角、川端の142キロを捉えて中前打。二進して三盗に成功し、福永の右犠飛で生還した。視察したDeNA・吉田スカウト部長は「ずっと見てきたけれど、いい選手になっちゃったね。走攻守そろっていて、思い切りもいいし、元気もある」と評価した。

今後については「今のところプロ一本で」と宣言。「子供にも夢を与える勝負強い打者になりたい」と誓った。「記録より記憶に残る選手になりたい」と臨んだ自身2度目の甲子園。キラキラと輝く笑顔は、聖地を埋め尽くした4万7000人の心に刻まれたはずだ。 (中田愛沙美)

増田 珠(ますだ・しゅう)

1999(平成11)年5月21日生まれ、18歳。長崎県出身。小1でソフトボールを始め、淵中時代は硬式の長崎シニアで投手兼外野手。全国大会に出場し、15歳以下日本代表でW杯出場。横浜では1年春からベンチ入りし、2年夏に甲子園出場。高校通算33本塁打。1メートル81、83キロ。右投げ右打ち。家族は両親。

No image

甲子園とはお別れ。増田は土を集めて持ち帰った (撮影・須谷友郁)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか...データで見る昨季との貢献度の差
  • このエントリーをはてなブックマークに追加