わーすた、初出演のUNIDOLで女子大生から刺激「負けていられない」

わーすた、初出演のUNIDOLで女子大生から刺激「負けていられない」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2018/02/15
No image

松田美里、三品瑠香、廣川奈々聖、小玉梨々華、坂元葉月【写真:竹内みちまろ】

もっと画像を見る
アイドルグループ・わーすたが14日、東京・新木場STUDIO COASTにて開催された「UNIDOL2017-18 Valentine 決勝戦」にシークレットゲストとして出演し、熱狂のライブを行った。

今回で11回目となるUNIDOL(ユニドル)は、大学対抗女子大生アイドルコピーダンス日本一決定戦。昨年の年間総動員数は2万人を記録し、この日は、全国5都市(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌)で開催された予選を勝ち抜いた14チームと、当日に行われた敗者復活戦を勝ち抜いた4チームが日本一の栄冠を掛けて、アイドルコピーダンスのパフォーマンスを披露した。

No image
No image

わーすたはイベントの中盤に登場。シークレットゲストがわーすたであることが紹介されると会場から大歓声が上がった。「こんばんは、わーすたです。UNIDOL、盛り上がって行きましょう」と会場を煽り、1曲目の「いぬねこ。青春真っ盛り」をスタート。

No image

MCで、メンバーたちは、「UNIDOLは、わーすたの曲をカバーしてくださるグループさんが今日もいてくれて、嬉しいです」、「いつか出演させて頂きたいなと思っていたのですが、やっと出演することができました。本当に嬉しいなと思います」と声を弾ませた。2曲目に「最上級ぱらどっくす」を、3曲目に「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」を披露して、詰め掛けたアイドルファンたちを熱狂させた。

No image
No image

ステージ終了後、三品瑠香は、「色々なグループの方のパフォーマンスを観ていて、完成度が高くて、楽しいなと思いました。わーすたの曲をもっと、もっとカバーしてもらえるようになりたいなと思いました」と感想を言葉にした。

No image

幼稚園のころに松浦亜弥が大好きで、松浦がテレビに映るたびに一緒に歌って踊り、振り付けをいつの間にか覚えていたという松田美里は、「自分が憧れているアイドルの振り付けはしたいので、そういう対象がわーすたになっていることが嬉しいなと感じました」とにっこり。UNIDOLについては、「私もアイドルに憧れて、アイドルになりたいと思ってアイドルになりましたので、アイドルに近づけるステージがあって、そこに自分が立てるということは女の子にとっては夢のようなことだなと思います」と声を弾ませた。

No image
No image

わーすたがUNIDOLにゲスト出演したのは今回が初。「曲を愛してもらえるってすごく幸せだと思いました」と心境を明かした廣川奈々聖は、UNIDOL出場チームのパフォーマンスに触れ、「同じ5人組のグループさんだと、『負けていられないな』と(笑) 同じ5人だと色も似たような感じだったりしますので。自分たちに似ているところがあるとそれを上回りたいなと思いますので、人数とかは意識してしまいます」と、UNIDOLに出場する女子大生たちのステージから刺激を受けた様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イッテQ、イモトの“落下ハプニング”に衝撃「普通に事故」
中村静香「こんなに体のラインがあらわになっているのは初めて」色仕掛けにもチャレンジ
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
辺見えみり&松田賢二、離婚を発表
きゃりーぱみゅぱみゅ仕事がなくて自然消滅か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加