最新ランキングをチェックしよう

小さな河川、ため池がリスクになった九州北部豪雨

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/09/15

今年、全国各地で記録的な大雨が多発し、大きな被害をもたらしているそうだ。数年に一度の大雨の際に気象庁が発表する「記録的短時間大雨情報」の回数は、すでに90回を超えているという。
 こうした大雨が降る理由として、日本周辺の海面水温の上昇を多くの専門家が指摘している。 海面から大量の水蒸気が供給されつづけ、積乱雲が次々と発生し、同じ場所に大量の雨を降らせるという。
 37人が死亡した九州北部豪雨でも積

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】東京、ガチで雪が積もり始める
民泊、性的暴行や盗撮など危険な宿・犯罪多発...京都、3千軒が違法施設か
小田急の「明日のことはとても考えられる状況にない」コメントが名言すぎると絶賛
商品なく、店員不在...岐阜の異様なローソン 本社が想定外の事態が起きたと謝罪
【社畜】関東民、大雪で帰宅困難になりそうと言われているのに満員電車で元気に出社!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加