資産の半分以上を寄付する「ギビングプレッジ富豪」20人

資産の半分以上を寄付する「ギビングプレッジ富豪」20人

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2017/08/12
No image

ザッカーバーグ、イーロン・マスク、マーク・ベニオフ…… 資産の半分以上を寄付すると「宣誓」した、大富豪たちの寄付先は?

「ギビングプレッジ」は、2010年にビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが立ち上げた寄付啓蒙活動。呼びかけに応えた世界の大富豪が、「総資産の半分以上を慈善事業に寄付する」ことを、公式ウェブサイト上で宣誓する。

世界の寄付を牽引するとともに、死後でなく人生の早い段階から寄付を始めることで、寄付金の使い道や結果に関与できる仕組みでもある。現在の賛同者は、33歳から101歳の169人。うち、とくに影響力の大きい20人を選び、彼らの寄付金の行方を追った。

寄付先や額などは、「Chronicle of Philanthropy」および「Inside Philanthropy」のデータベースを用いた。匿名も多く、寄付先の網羅は難しいが、これらのデータは、主に寄付先への取材に基づく。以下、資産が多い順に20人を紹介する。

1. ビル&メリンダ・ゲイツ
マイクロソフト共同創業者&妻。資産885億ドル。ゲイツ財団は資産400億ドル超、世界最大の慈善基金財団。

寄付分野:医療、貧困、教育
寄付先:GAVI Alliance(ワクチン支援:15億ドル)、United Negro College Fund, Inc.(奨学金:15億ドル)、Alliance for a Green Revolution in Africa(アフリカ農業支援)

2. ウォーレン・バフェット(86)
投資会社バークシャー・ハサウェイCEO。資産742億ドル。2006年、300億ドルをゲイツ財団に寄付すると宣言。

寄付分野:教育、保健、経済発展、核、子ども
寄付先:Bill & Melinda Gates Foundation(300億ドル)、一族の財団[Susan Thompson(教育)、Howard G. Buffett(飢餓)、NoVo(女性)、Sherwood(子ども)

バフェットの寄付は”ハンズオフ”型。信頼できる人物に、富を一元信託する。バフェットは資産の99%を寄付すると宣言しており、83%はゲイツ財団へ、残りは一族のもつ4つの財団へ投じる。ゲイツ財団への寄付は、自社株1000万株のうち年5%ずつの譲渡を基本とするが、バフェットのいつもの投資スタイルと同じく、譲渡額はゲイツ財団の”前年度のパフォーマンス”に応じて変動する契約だ。

3. マーク・ザッカーバーグ(33)&プリシラ チャン
フェイスブック創業者とその妻。資産633億ドル。自身の財団にフェイスブック株の99%(450億ドル)を寄付すると宣言。

寄付分野:教育、医療、エネルギー
寄付先:Biohub(疾病予防・治療の基礎研究:6億ドル)、Breakthrough Energy Coalition(クリーンエネルギーファンド)、Andela(アフリカにおけるエンジニア育成)

2015年の女児誕生を契機に、自社株の99%を寄付すると宣言。ChanZuckerberg Initiativeを通し、教育、医療などに長期投資を行う。同団体はLLCであり、拠出先は非営利組織に限定されない。インパクト投資を含めた幅広い取り組みが行われている。

4. ラリー・エリソン(72)
オラクル共同創業者。資産558億ドル。母や共同創業者がガンで死去したため、老化・医療分野に最も力を注ぐ。
寄付分野:医療(老化)、野生動物、教育

寄付先:Ellison Medical Foundation(老化・がん研究)、The Lawrence Ellison Foundation(野生動物・環境)、University of Southern California

5. マイケル・ブルームバーグ(75)
通信会社ブルームバーグ創業者・現CEO、元ニューヨーク市長。資産498億ドル。最大の寄付先は母校ジョンズ・ホプキンズ。

寄付分野:教育、健康、環境
寄付先:ジョンズ・ホプキンズ大学(10億ドル)、C40 Cities Climate Leadership Group(地球温暖化)、Bloombergs Arts Advancement Initiative(NY市アート)

6. ポール・アレン(64)
マイクロソフト社共同創業者。資産201億ドル。主に北米太平洋岸エリアへの寄付活動で知られる(寄付額の70%)。

寄付分野:北米西岸の医療、教育、文化
寄付先:Allen Institute for Brain Science(脳研究)、Washington State University(IT支援)、EMP(シアトルの音楽&SF博物館)

7. アジム・プレムジ(71)
インドのIT王者。ウィプロ創業者。資産167億ドル。「インドの初等教育の一般化」のため20億ドルの自社株を寄付に。

寄付分野:インドの初等教育
寄付先:Azim Premji University(インドに大学設立)The Aangan Trust(インドの女児保護)Railway Children(ストリートチルドレン支援)

8. イーロン・マスク(45)
ペイパル、テスラ、スペースXの創業者。資産159億ドル。

寄付分野:新/再生エネルギー、宇宙、小児医療、科学教育
寄付先:Give Power Foundation(再エネによる途上国支援)、X-Prize Foundation(新規分野のコンペ主催)、Future of Life Institute(AIの脅威研究)

イーロンの寄付理念は、その簡素すぎる財団ウェブサイトからも明確だ。対象は、より明確に未来を変革しうる”技術”。コンペによるインセンティブで世界の知を集結し、新規分野の開発や社会問題の解決に挑むXPRIZEへの寄付はまさにイーロン的。

9. ウラジーミル・ポターニン(56)
鉱業、金属などのコングロマリット「インターロス」創業者。資産131億ドル。ロシア1人目のGivingPredge宣誓者。

寄付分野:教育、芸術
寄付先:主にロシア国内にて、奨学金制度、オリンピック選手養成、科学技術研究支援、寄付文化教育など。

10. ハッソ・プラットナー(73)
企業向けソフト大手「SAP」共同創業者。資産126億ドル。スタンフォードのDスクール設立など高等教育に注力。

寄付分野:高等教育、AIDS、エネルギー
寄付先:Hasso Plattner Institute(ベルリンに工科大を設立)、Hasso Plattner Institute of Design at Stanford University Isombululo(アフリカのHIV啓発)

11. ゴードン(88)&ベティ・ムー
インテル創業者とその妻。資産73億ドル。Gordon and Betty Moore Foundationは資産64億ドルでUS最大級。

寄付分野:環境 、医療(患者ケア)、科学
寄付先:University of California, Davis(看護学部)Oceans and Seafood Markets Collaboration(海洋保護)

12. ジョージ・ルーカス(73)&メロディ・ホブソン
夫:映画監督。資産52億ドル。妻:投資顧問会社アリエル・インベストメンツ創業者。

寄付分野:教育、芸術、保健
寄付先:Michigan State University、Stanford University Lucas Cultural Arts Museum(博物館:建設中)

13. リン&マーク(52)・ベニオフ
セールスフォース・ドットコム創業者とその妻。資産44億ドル。カンパニー・フィランソロピーの旗手。

寄付分野:子どもの医療・教育・貧困支援
寄付先:UCSF Benioff Childrens Hospital(小児病院設立)、Childrens Hospital & Research Center Foundation(小児病院支援)

公益資本主義モデルの立役者の一人。1999年のセールスフォース創業当初から「1-1-1モデル(製品、株式、就業時間の1%を社会貢献に)」を定め、徹底。後に世界550社が追随した。地域の小児病院のほか、さまざまな非営利団体に寄付を行う。

14. マイケル・モリッツ(63)&ハリエット・ヘイマン
夫:米セコイア・キャピタルのチェアマンでグーグルの前取締役。元タイム誌の記者。妻:作家。資産36億ドル。

寄付分野:高等教育
寄付先:オックスフォード大学(母校:5億ドル)、シカゴ大学(5000万ドル)

15. デイヴィッド・ロックフェラー(101)
今年3月に101歳で死去。富豪一族の第3代当主、JPモルガン・チェースの元CEO。資産33億ドル。

寄付分野:教育、芸術、保健
寄付先:Rockefeller University(1.6億ドル)、MoMA(美術館:1億ドル)、Rockefeller Brothers Fund(保健・飢餓:2億ドル)

生涯寄付額は20億ドル超、ロックフェラー家の3代目当主。NY近代美術館(MoMA)、ロックフェラー大学やなどに多額の寄付を行った。死去に伴い、6億ドルがさまざまな組織に寄付される。半分ほどは世界開発の分野に分配される見込み。

16. テッド・ターナー(78)
CNN創業者。資産23億ドル。米国最大のフィランソロピストのひとり。国連など国際機関への多額の寄付でも有名。

寄付分野:環境、人道、女性の権利
寄付先:UN Foundation(国連基金:10億ドル)、League of Conservation Voters(自然保護:0.1億ドル)、Nuclear Threat Initiative(核脅威研究)

地球環境を守るために山を買う……突拍子もない? ターナーは全米に8000キロ平行メートル(東京都の4倍)をもつ米国屈指の大地主。多くは農地だが、曰く「個人所有でこそ恒久的に自然を残せる」。コロラドで、モンタナで、手付かずの山野が緑をなしている。

17. サニー(60)&シェリー・バーキー
インド生まれ、ドバイ拠点の教育事業ジェムズ創業者とその妻。資産21億ドル。”教育界のノーベル賞”主催など。

寄付分野:教育
寄付先:Pro.Svit(ウクライナの教員育成組織)、Teach For Ghana(ガーナの初等教育支援)、Jusoor Syria(シリアの初等教育支援)

18. ハムディ・ウルカヤ(44)
2007年創業のヨーグルトベンチャー「チョバーニ」CEO。資産17億ドル。難民支援に注力。

寄付分野:難民支援、医療、起業
寄付先:Tent Foundation(難民支援)、Global Enrichment Foundation(ソマリア教育支援)

チョバーニは2005年の設立から6年足らずでダノンを抜いた米国最大のヨーグルトブランド。同氏はクルド系トルコ人としてトルコに生まれ、米NYで起業。トルコに逃れたシリア難民の支援を皮切りに、各難民問題に同社利益の10%を投じている。

19. デイブ・ゴールドバーグ&シェリル・サンドバーグ(47)
夫:故人。妻:フェイスブックCOO。資産16億ドル。著書のタイトル名と同じ非営利組織Lean in、OptionBを創設。

寄付分野:女性、グローバルヘルス
寄付先:Lean in(女性支援)、OptionB(悲しみを乗り越えるための支援)、Second Harvest Food Bank(食料難支援)

20. 牛 根生(ニュ・ゲンシェン)(59)
中国最大の牛乳メーカー「蒙牛乳業」創業者。資産5億ドル。中国本土1人目のギビング・プレッジメンバー。自社株すべて(6億ドル)を自身の財団に寄付すると宣言。

寄付分野:主に中国国内の教育、医療、環境保護
寄付先:故郷・内モンゴル拠点の自身の財団を通じ、中国国内の教育、医療、環境保護、貧困撲滅などに注力。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タイの首都バンコクのプレセールで即日完売した脅威のコンドミニアム
「おカネの使い方」を教える米国と教えない日本
「そんな働き方では人間のクズになる」―ランドセルメーカー・協和が『日本でいちばん大切にしたい会社』である理由
KEN OKUYAMA、「Kode ゼロ」発表...700馬力のスーパーカーは1台限り
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加