「主夫になってほしい芸能人」1位に選ばれたのは、育休を取ったあの人!

「主夫になってほしい芸能人」1位に選ばれたのは、育休を取ったあの人!

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/16

ソニー生命保険が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」(全国の20~69歳の女性1,000名を対象)では、毎日の家事や地域社会での貢献を時給に換算するといくらになると思うか聞いている。それによれば、(未就学児の)育児・世話」は1413円、「(小学生以上の子どもの)育児・世話」は1174円、「食事の準備・後片付け」は1019円となっている。

結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営するウエディングパークは、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLABO(GSL)」にて、「主婦の息抜き」に関する調査を実施。その回答結果を発表した。

まず「主婦にとって、どれくらいの頻度で、休みや息抜きが必要だと思いますか(単一回答)」という質問をしたところ、「年に数回(3.1%)」、「毎月(24.1%)」、「毎週(53.7%)」、「毎日(17.9%)」、「必要ない(1.2%)」という結果に。女性の2人に1人以上が「主婦には毎週息抜きや休みが必要」と感じていることがわかった。

No image

続いて現在パートナーがいる人を対象に、「パートナーに家事や育児を任せて、出かけることができますか(単一回答)」という質問をしたところ「できる(35.0%)」、「どちらかといえば、できる(35.7%)」、「どちらかといえば、できない(19.7%)」、「できない(9.6%)」という回答となった。7割以上の女性が「パートナーに家事や育児を任せて出かけられる」ようだ。
また、「パートナーに家事や育児を任せる際に、工夫していることがあれば教えてください(自由回答)」という質問をしたところ、「とにかく褒める」、「具体的な指示をする」、「事前準備をしておく」などのエピソードが多く寄せられた。

No image

「家事や育児が得意そうで、自分の家の主夫になってほしい男性芸能人を教えてください(複数回答)」という質問をしたところ、2位以下に差をつけて、1位に選ばれたのは「つるの剛士(71票)」さん。選ばれた理由としては、「つるのさんの育休後のコメントを目にしたので。主婦の気持ちを痛感してくれていて、なかなかあんな風に共感してくれる方はいないと思う(30代前半)」というような、「育休」を取得した経験に好感をもつ内容が多く集まった。続いて2位が「井ノ原快彦(V6)(39票)」さん、3位が「杉浦太陽(33票)」さん、そして同率4位で「ディーン・フジオカ(24票)」さんと「速水もこみち(24票)」さんがランクインした。

No image

■調査概要
表題/「主婦の息抜き」に関するアンケート
調査主体/ウエディングパーク(ガールズスタイルLABO)
調査方法/インターネット調査
調査期間/8月14日~8月17日
有効回答/20代~30代の女性 162人

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
知ってた!?「九九の9の段」に隠された驚くべき秘密
【悲報】9月23日の人類滅亡がほぼ確定! 惑星の配置が黙示録の記述を完全再現していることが判明!
飲食店経営に手を出して地獄を見る人の「三つの共通点」
地球外の美しさ!フィリピンの新リゾートが完全に何処かの惑星っぽくてヤバいと話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加