自動ブレーキ性能 国交省が初の評価

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01

高齢ドライバーによる交通事故が相次ぐ中、歩行者を認識して停止する自動ブレーキについて各メーカーの性能評価の結果が初めて公表された。

1日に公表されたのは車が歩行者を認識し、衝突すると判断した場合に自動で急停止する「歩行者対応自動ブレーキ」の性能試験の結果。

6つの自動車メーカー11車種のうち最も点数が高かったのは25点満点中24.5点のマツダ「アクセラ」で、次いで23.5点のスバル「フォレスター」だった。

車両対応よりも技術的に難しい歩行者対応の自動ブレーキの開発・導入が進んできたことから、今年初めて評価試験が行われた。歩行者対応の自動ブレーキが普及すれば、高齢者をはじめとした死亡事故の減少につながると期待されている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
シトロエンの超個性派SUV『C4カクタス』が日本上陸
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
ろうそく灯を再現、「ゆらぎ機能」搭載オレンジLED提灯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加