『夏目友人帳』大森監督「音劇でしか味わえない体験を」SOUND THEATREへの意気込み

『夏目友人帳』大森監督「音劇でしか味わえない体験を」SOUND THEATREへの意気込み

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2017/11/13
No image

2018年1月6日(土)に東京国際フォーラムにて上演される、人気アニメ『夏目友人帳』の新感覚・音楽朗読劇「SOUND THEATRE×夏目友人帳~音劇の章 2018~」。この度、第一幕「悪戯な雨」の脚本を手がけた吉永亜矢と、第二幕「そこに響く音を」の脚本を手がけ、アニメシリーズの総監督も務める大森貴弘よりコメントが寄せられた。

神谷浩史、井上和彦の“珍行動”を暴露『夏目友人帳』妄想トークで大盛り上がり

「月刊LaLa」(白泉社刊)で連載中の同名漫画を原作とする『夏目友人帳』は、2008年7月からアニメの放送をスタート。以降六期にわたって放送され、回を重ねるごとに幅広い層のファンを獲得し、2018年には劇場版の公開も控えている。

また、「SOUND THEATRE×夏目友人帳」は、2013年9月に初めての「SOUND THEATRE×夏目友人帳~集い音劇の章~」を開催。その後、2015年12月に「SOUND THEATRE ×夏目友人帳~集い音劇の章・再び~」が再演され、大盛況を収めた。

<吉永亜矢>
アニメ「夏目友人帳」の世界を彩る音楽、私も大好きなあの音楽が生演奏で聴ける! というサウンドシアターに今回、初めて参加させていただきとても嬉しいです。朗読は、演じる人と聴く人と、一人ひとりそれぞれの心に絵を描いていくことで、見えないものが響き合う、不思議で素敵なものだと思います。舞台、客席、この会場全体で一緒に飛んで行けますように。夏目友人帳の世界へと……!

<大森貴弘>
ご来場の皆さんに、音劇でしか味わえない体験をして欲しい、そんな思いから脚本を書きました。とは言え、私自身は舞台での公演にはまったくの素人でして、脚本と言うよりそれは、提案に近い物であったように思います。楽しんでいただけたならばそれは、演者、音楽、演出他、今日、この舞台に直接関わっているキャスト、スタッフたちの、尽力に拠るものです。どうか、なるべく肩の力を抜いて、舞台からの音と光を浴び、ゆったりと楽しんでいただければ幸いです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ラブライブ!サンシャイン!!」Aqoursが探偵姿に リアル脱出ゲームのラッピングバスをお披露目
高野麻里佳さんが初金髪コスプレでライブ 『レイゼロ』完成披露試写会
「ガルパン」新作フィギュアがあんこう祭で続々発表! マーチングみほ、figma蝶野正洋などの彩色済み原型も
「宝石の国」フォスが立体化、美しいボディラインと宝石のきらめきを再現
  • このエントリーをはてなブックマークに追加