最新ランキングをチェックしよう
日本政府に見捨てられた「公安スパイ」の悲惨すぎる肉声

日本政府に見捨てられた「公安スパイ」の悲惨すぎる肉声

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/07/20

「懲役5年」「懲役12年」—。中国でスパイ罪に問われた日本人に、続々と判決が言い渡されている。日本の政府機関に雇われた協力者=スパイだ。隠蔽される「スパイごっこ」の実態を、本日発売の週刊現代でフリージャーナリストの桜坂拳太朗氏が明らかにしている。

妻の極秘面会
2ヵ月に一度、ふたりの男は横浜から神奈川県某所に向かう。彼らにとって憂鬱な日だ。 
用意した部屋に女性がやってくる。沈痛な面持ちの女性を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日韓議員連盟の軽挙妄動、なぜ、今、訪韓なのか?
中国、対米国サイバー攻撃の“実行部隊”ファーウェイCFO逮捕の屈辱...中国経済が瓦解
こ、これは・・・中国人が見て驚愕する、日本のある「地名」とは? =中国メディア
日本を好むのは「外国崇拝ではない」、なぜなら日本には「唐の文化」が息づいているから=中国
日本で制作された「日中戦争を題材にしたドラマ」、中国人は赤面せざるを得ない=中国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加