「陸王」第4話視聴率発表

「陸王」第4話視聴率発表

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/11/13

【陸王/モデルプレス=11月13日】俳優の役所広司が主演を務め、山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)や竹内涼真らが共演するTBS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜よる9時~)第4話が12日に放送され、平均視聴率は14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

No image

(写真 : 山崎賢人、役所広司、竹内涼真(C)モデルプレス)

「陸王」劇中歌、Little Glee Monsterの「Jupiter」が話題<起用理由&メンバーコメント>

第1話は14.7%、第2話は14.0%、第3話は15.0%と推移。好調をキープしている。

◆世界一を目指す「陸王」

同作は、池井戸潤原作の小説をドラマ化。地方零細企業の老舗足袋業者が、巨大ブランドと競いながら、実業団と協力し、世界一のシューズ「陸王」を開発していく企業再生ストーリー。

主人公で創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所、その長男・宮沢大地を山崎、「陸王」開発の最重要人物となるマラソンランナー・茂木裕人を竹内が演じている。

第4話では、宮沢(役所広司)は、大地(山崎賢人)らと昼夜問わず開発に没頭したランニングシューズを茂木(竹内涼真)に託す。怪我を負い、陸上引退を提案されていた茂木もまた、そのランニングシューズに思いを託して、崖っぷちからの反撃を開始するというストーリーが描かれた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「孤独のグルメ」大晦日の夜に異例の放送決定
NHK朝ドラ、新ヒロインに「ガッキー待望論」
広瀬すず、朝ドラ100作目ヒロインに大抜てき!異例の99作目飛ばして発表
広瀬すず、快進撃はまだまだ続く 朝ドラ100作目「夏空」で“原点のようなヒロイン”に「新しい風を吹かせたい」
とんねるず、ナイナイ終了 後番組は「元SMAP3人の旅モノ」か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加