【現地発】インテルの「豹変」がセリエAに「異変」を起こす!

【現地発】インテルの「豹変」がセリエAに「異変」を起こす!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/07
No image

就任1年目にしてチームを掌握し、攻守で機能性を高めたスパレッティ監督。さすがの手腕だ。写真:Alberto LINGRIA

No image

新戦力は地味ながらも貢献度が高い。中でもシュクリニアル(左)は早くも最終ラインの不可欠な存在に。写真:Alberto LINGRIA

No image

昨シーズンとは見違えるチームになったインテル。主将でエースのイカルディ⑨は得点ランクのトップを走る。写真:Alberto LINGRIA

実に6連覇中とこのところユベントスの一強支配が続いてきたセリエAに、「異変」が起こっている。シーズンもそろそろ折り返し点に差し掛かろうかという15節終了時点で、インテル、ナポリ、ユーベがわずか2ポイント差で首位を争う三つ巴の展開になっているのだ。

欧州5大リーグのうちイタリアを除く4つのリーグでは、マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)、バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ)、バイエルン(ブンデスリーガ)、パリSG(リーグ・アン)と、チャンピオンズ・リーグ(CL)で優勝を狙うレベルのスーパーメガクラブが、それぞれ一頭地を抜いた強さを発揮して独走体制を固めつつある。対照的にセリエAは、現時点でまだ優勝争いの行方がまったく分からない状況が続いている。

まだ前半戦のこの時期に首位争いが混戦状態になっていること自体は、それほど珍しいことではない。

例えばセリエAでも2年前の15-16シーズンには、ロベルト・マンチーニ監督率いるインテルが1-0の勝利を積み重ねて首位を走り、パウロ・ソウザ監督を迎えて1年目のフィオレンティーナが当時のセリエAではまだ珍しかったポジショナルプレーを大胆に導入したポゼッションサッカーのサプライズ効果でそれを追うという状況があった。

しかしこの時の混戦は、絶対的な優勝候補と見られていたユーベが開幕10試合で3勝しかできず大きく出遅れたことが原因だった。首位インテルの勝点は33(10勝3分け2敗)で、1試合平均の勝点は2.2とそれほどのペースではなかった。

しかし、今シーズンは事情が違う。現在3位のユーベの勝点は37(12勝1分け2敗)で、昨シーズンのこの時点で首位を固めつつあった時の勝点36(12勝0分け3敗)を上回っているにもかかわらず、インテル(勝ち点39/12勝3分け0敗)とナポリ(勝ち点38/12勝2分け1敗)の2チームがさらにその上を行っているのだ。

首位インテルの1試合平均勝点は2.6。2年前のペースだと計算上の最終勝点は83.6となり、過去5シーズンの最低優勝ライン(87)にも届かないが、今シーズンはこのまま最後まで行けば勝点98に達するというハイペースだ。3位ユーベでもこのペースを保てば最終勝点は93。トップ3が極めてハイレベルな争いを展開していることがわかるだろう。
つまり、この混戦状態をもたらしたのはインテルとナポリの成長だということができる。とくに際立っているのは、15節に約2年ぶりの単独首位に立ったインテルの「豹変」ぶりだ。

中国の蘇寧グループがオーナーとなって1年目の昨シーズンは、プレシーズンのマンチーニ解任にはじまり、フランク・デブール、ステーファノ・ピオーリとさらに2人の監督をクビにする混迷に陥って、CLはおろかヨーロッパリーグ出場権にも手が届かない7位でシーズンを終えた。

ところが今シーズンは、昨シーズンと大きく変わらないメンバーをピッチに送り出しながら、見違えるようにソリッドで安定したチームになった。システムもピオーリ時代と変わらない4-2-3-1。変わったのは監督、そしてセンターラインの顔触れである。

2年間率いたローマを離れてミラノにやってきたルチアーノ・スパレッティ監督がやったのは、チームに革新的な新戦術を導入することではなく、現有戦力の強みを見極めてそれを最大限に引き出せるように戦い方を整理することだった。具体的に言えば、守備の安定化と攻撃メカニズムの明確化である。

守備戦術の鍵は、最終ラインの間隔を詰めて幅を狭く保つことによって、最も失点に繋がりやすい中央の密度を高めたこと。CBに高さと強さだけでなく、優れた戦術センスと高い集中力も併せ持つミラン・シュクリニアル(サンプドリアから獲得)が加わったことで、4バックの組織的な連携が大きく改善されたことも大きい。

両SBが内に絞り気味のポジションを取る分、サイドの守備はアントニオ・カンドレーバ、イバン・ペリシッチというウイングの帰陣によって対応する場面も多い。これによってチームの重心はやや低めになるものの、ボール奪取時のポジティブ・トランジション(守→攻の切り替え)では、低めの位置からスタートを切った両ウイングによるカウンターアタックが発動しやすくなっている。

カンドレーバとペリシッチはオープンスペースで前を向けばトップスピードのドリブルで一気に40~50メートルを持ち込む推進力と、そこから質の高いクロス、シュートを繰り出すクオリティーの持ち主。カウンターアタックはもちろん、ビルドアップからの攻撃においても、彼らがドリブルで持ち込んでクロスを折り返す形を作ることが大きな狙いになっている。ここまでの1試合平均26本のクロスはリーグ最多の数字だ。
今シーズンのインテルは、自陣からのリスタートではロングボールを蹴らず、最終ラインからパスを繋いで攻撃を組み立てる(ロングパス数はリーグ最少でナポリより少ない)。SBからウイングへの縦パスというサイド経由のルートだけでなく、最終ラインからセントラルMFを経由して一旦中盤でポゼッションを確立し、そこからサイドチェンジでウイングに展開して突破を仕掛けるというルートによって攻撃にバリエーションを持たせているのが、昨シーズンまでと大きく異なるところだ。

中盤のポゼッションにおいては、トップ下から下がってきて局地的な数的優位を作り出すボルハ・バレロ、そしてパスを繋ぐだけでなくスペースがあればドリブルで一気に持ち上がる縦のダイナミズムを備えたマティアス・ベシーノという、フィオレンティーナから獲得した2人の新戦力が大きな役割を果たしている。

このインテルの攻撃において最終的なターゲットとなってフィニッシュを一身に担うのが、今やヨーロッパ屈指のゴールマシンに成長したマウロ・イカルディ。ここまで16ゴール(PKは4つ)を挙げて得点王争いのトップを走るそのパフォーマンスは驚異的だ。

出場15試合でシュート39本(PK除く)はリーグ5位だが、1位のエディン・ゼコ(63本)や2位のロレンツォ・インシーニェ(60本)と比べると決して多い数字ではない。しかしイカルディは、オープンプレーから放ったこの39本のうち31本を枠内に収め、12得点を挙げているのだ。総シュート数に対する枠内シュート率の79%、得点率の31%はいずれも驚くべき数字である。

ここまで16試合で10失点というリーグトップの守備力を土台に、両ウイングの突破から作り出したチャンスをイカルディが高い確率でゴールに結びつける効率的な攻撃によって着実に勝ち点を積み上げてきた結果が、ナポリ、ユーベを上回っての単独首位というわけだ。

ライバルがCLとの二足の草鞋を強いられているのに対して、週5日のトレーニングで十分な準備を重ねて試合に臨めるのもインテルの強み。スパレッティ監督の戦術がスムーズに浸透し、開幕からほどなくして明確なアイデンティティーを持ったチームが固まった理由もそこにある。

12月9日に待っているのは、前節にナポリとの直接対決を制するなど相変わらず勝負強い王者ユーベとのイタリア・ダービー。インテルの今シーズンの目標はあくまでも4年ぶりのCL出場権獲得だが、敵地でユーベを破って突き放せばそのさらに上、スクデット狙いに向けて弾みがつく。ユーべ、ナポリとのハイレベルな三つ巴の攻防を続けてセリエAを盛り上げるためにも、健闘を期待したいところだ。

文:片野道郎

【著者プロフィール】
1962年生まれ、宮城県仙台市出身。1995年からイタリア北部のアレッサンドリアに在住し、翻訳家兼ジャーナリストとして精力的に活動中だ。カルチョを文化として捉え、その営みを巡ってのフィールドワークを継続発展させている。『ワールドサッカーダイジェスト』誌では現役監督とのコラボレーションによる戦術解説や選手分析が好評を博す。ジョバンニ・ビオ氏との共著『元ACミラン専門コーチのセットプレー最先端理論』が2017年2月に刊行された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
街クラブでは香川真司以来! G大阪入り濃厚の中村敬斗が語る来季の決意!
降格圏ヴェローナに完敗...ガットゥーゾ監督が激怒「ふざけた結果だ」
「敗者は日本」「恥をかかされた」 韓国紙が男女ともE-1制覇を逃した日本を酷評
家長昭博が見たリーガ「乾と柴崎はチームからの信頼感じた」「クラシコはサッカーの枠を超越した一戦」
フランス代表エースがSNSで炎上 バスケ選手に扮した写真に「差別的」と批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加