日本ハム近藤が先制打「まずは1点取れてよかった」

日本ハム近藤が先制打「まずは1点取れてよかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

西武対日本ハム 3回表日本ハム2死一、三塁、近藤は中前に適時打を放つ(撮影・佐藤翔太)

<西武2-7日本ハム>◇17日◇東京ドーム

「2番DH」で先発した日本ハム近藤健介捕手(24)が、3回2死一、三塁から中前に先制適時打を放った。

パ・リーグ打率1位を快走する中、外角の直球をはじき返した。「打ったのは真っすぐです。同級生の上沢が投げている時に、なかなか援護ができていないので、まずは1点取れてよかったと思います」と言った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
エースで4番、大谷二刀流に憧れる米キッズ増殖中
西本氏、衣笠さん死球骨折でも感動した気遣いの言葉
ワールドチャンピオンから見た大谷翔平の評判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加