CS先陣は東浜!鷹・工藤監督、日本一へ「ひとつも負けるつもりはない」

CS先陣は東浜!鷹・工藤監督、日本一へ「ひとつも負けるつもりはない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

2年ぶりにパ・リーグを制覇したソフトバンクは11日、ヤフオクドームで18日からのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに向けて練習を再開した。紅白戦で先発した東浜巨投手(27)が4回1失点。工藤公康監督(54)は今季16勝を挙げて最多勝のタイトルに輝いた右腕に、CS初戦の先発を任せることを明言した。

厳しく低めに決まる球に、何度も「ナイスボール」という声が響いた。強力な先発陣から選ばれた“開幕投手”だ。東浜が上々の投球でCSの準備を整えた。

「実戦感覚も戻せましたし、この球場で投げられてよかったです」

後攻の白組の先発は本番さながら。最速146キロで変化球の精度も上々だった。味方への遠慮もある中で4回4安打1失点。6三振を奪った。9月後半に張りを訴えた腰も回復し、本拠地での予行演習を終えた。

工藤監督は「よかったと思う。あと、細かいところは本人しか分からない」と信頼し「最初にいってもらいます。今季は彼が頑張って勝てた試合も多い」と18日の第1戦の先発を明言した。事前にコーチを通じて伝えていたが、この日は右腕を監督室に呼んで直々に通達した。

練習前の円陣では「ひとつも負けるつもりはない」と訓示した。就任以来、CSと日本シリーズは本拠地で7戦全勝。普段はカード勝ち越しを強調するが「短期決戦は何が起こるか分からない。ひとつも負けるつもりがないと、強い思いを伝えた方がいい」。そんな本気の戦いの初戦。予告先発とはいえ、1週間も前の明言は大きな期待と信頼の表れだ。

今季は和田が左肘痛で離脱後、東浜が先発陣を支えた。交流戦、リーグ戦再開、球宴後の初戦。優勝を決めた試合も先発した。16勝で最多勝に輝いた背番号「16」は、今回も自覚を口にした。

「やらなきゃいけないと思うし、(監督から)直接いわれてうれしい」

文句なしの人選。日本一への第2の旅は、工藤ホークスで最も成長した男からスタートする。 (安藤理)

★第2戦は千賀

工藤監督はCSの先発について「頑張った投手から投げてもらいたい」と話した。第2戦は13勝4敗で勝率1位のタイトルを獲得した千賀、第3戦は13勝7敗のバンデンハーク、第4戦は左肘手術を挟んで4勝0敗の和田が予想される。3投手は13日の紅白戦で調整。もつれた場合の第5戦は武田がスタンバイし、第6戦は中4日の東浜から投手陣の総動員が濃厚だ。

No image

東浜は工藤監督からCSファイナルステージ初戦の先発に指名された

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田中英 争奪戦!戦力外でも京大卒はスゴい ロッテ球団、ロッテ本社に阪神球団まで
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
清宮獲得のためにセ・リーグがDH制度導入検討
オリ・宮内オーナーがバッサリ「力も頭も両方弱い」福良監督「おっしゃる通り」
今や希少価値?異色のサブマリン専大・高橋がドラフト注目候補に急浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加