勅使河原 KOでV2 世界挑戦経験の帝里下す WBOアジアパシフィックバンタム級

勅使河原 KOでV2 世界挑戦経験の帝里下す WBOアジアパシフィックバンタム級

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/06/14

プロボクシングのWBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチが14日、後楽園ホールで行われ、王者・勅使河原弘晶(輪島功一スポーツ)が帝里木下(千里馬神戸)に5回2分41秒KO勝ちした。世界挑戦経験のある相手を力でねじ伏せ2度目の防衛を果たした。

No image

5回TKOで2度目の防衛を果たした勅使河原

序盤から繰り出したロングフックで勝負を決めた。「あれが当たったら必ず倒せる100%のパンチ」。大きな弧を描いて相手を襲う自慢の右がさえ、3回、1分も経過しないうちにダウンを奪った。一気に仕留めに行ったが、大振りのパンチで逃げる相手を追いかけ回し過ぎ、次のラウンドへ持ち越した。

これで、ガス欠気味になると、ここぞとばかりにペースを上げてきた挑戦者の左を受ける場面も。ただ、勝負どころでは、きっちりと打ち返して流れを渡さなかった。

「パワーとスタミナには自信あります」。言葉通りに盛り返し、5回に右フックでよろけさせると、今度は的確なパンチを続けてKOを呼び込んだ。「あざす!気持ちいいす!」。リング上で気分爽快な王者だが、世界挑戦経験のある挑戦者に対し「リスペクトあった。必ず帝里選手の分も世界王者になる」と敬意を表した。

「凄い強敵」から豪快な勝利を飾ったように見えたが、目や肩を使い巧みに「フェイントをかけていた」と胸を張るテクニシャンでもあるという。話しが止まらなくなってきたところで、隣の輪島会長は「うまくいったから調子乗って言えるよね~」とにんまりだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新日本・SSマシン“涙”の引退試合 ワカマツ復活、夫人の死去も告白
SSS、最後の最後に明かした引退理由は妻の逝去
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加