ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊

ロンドン「Lord Mayor's Show」!始まりは「flotilla」小艦隊

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2017/11/14

こんにちは! 毎年11月の第2土曜日はロンドン市長就任披露イベント。今年は11月11日でした!

No image

「Lord Mayor's Show」と呼ばれるこのイベントは、800年以上続く伝統的な行事。朝のテムズ川での「小艦隊の見せもの」から、昼の「パレード」、そして夕方の「花火」と盛りだくさんです。今年は私も参加してきました! 長くなりそうなので、今日は朝にあった「小艦隊」を中心に書いていこうと思います。

◆小艦隊「River Pageant・Flotilla」◆

――テムズ川が中心を流れるロンドンでは、速く安全な移動手段は船。
そんな理由で、Lord Mayor's Showでは船が使われるようになったそうです。800年の歴史の間にしばらく「flotilla」のない年もあったといいますが、やっぱり伝統的なスタイルとして親しまれています。

No image

今年のLord Mayor's Dayの始まりは朝の8:30。ロンドン中心よりは少し西のほうにあるピムリコという場所で新ロンドン市長さんが船「Gloria号」に乗り、ロンドン中心部の東のほう、タワーブリッジを少し越えたHMS Presidentという場所まで向かいます。HMS President到着予定時刻は9:30ということで、トータル小1時間ほどの船路です。

No image

私はウェストミンスター宮殿の対岸で待っていました。10:07~08に船が通過。曇り+小雨でしたが、船の流れゆく様子には見惚れました。写真の背景は、修理中のビッグ・ベン。(いつか写真を乗せられたらと思いますが、このビッグ・ベンも、夜は修理の足場がライトアップして綺麗でした!)

No image

市長さんの乗ったGloria号を、小舟が囲むように一緒に流れていきます。小舟の数は24にもなるとか!

No image

そして船たちが行ってしまってから、私は急いで最寄りのウォータールー駅に行き、先回りをできたら......という期待のもと、地下鉄に乗ってロンドン・ブリッジ駅へ。ロンドン・ブリッジに着くと、

No image

ぎりぎり間に合いませんでした! さすがに船は早いですね。私がロンドン・ブリッジに着いたのは9:27だったのでやっぱり遅かったみたいです。
行ってしまった後姿を眺めながら、タワーブリッジのほうへと歩きます。

No image

タワー・ブリッジの上からは、HMS Presidentに停泊した船が見えました! この場所で市長さんが船を下ります。別の船からバグパイプの演奏も聞こえました。

No image

と、Lord Maypr's Show、朝のflotillaの見せものでした。土曜の朝早く+小雨ということで盛り上がりは思ったほどでもなかったかな?という感じでしたが、来年や再来年、Lord Mayor's Dayの日にロンドンをご旅行されるという方がいましたら、タイムスケジュールを確認してテムズ川を見てみるのもお薦めだなと思います。その際には、タイムスケジュールは今年とは変わる可能性もあるのでお気を付けください。

そして最後に付け加えて。イベントのflotilla自体は、HMS Presidentに着くところまでなのですが、HMS Presidentで泊まっていた船をずっと眺めていたら、10:11に再び動き出しました。新市長さんを下ろしてから、元の場所に戻っていくのでしょうか。赤い服を着た漕ぎ手の人がひとりずつ順にオールを上げ、それから一斉に下ろします。その様子がとても綺麗でした。

No image
No image
No image

―――――
Lord Mayor's Show
【公式サイト】https://lordmayorsshow.london/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「キラキラネーム」が原因でいじめられた女性 「親を恨みます」に同情の声も
【GU】メンズパーカーがすごい!!どんなアウターとも相性抜群
習慣を変えれば会議が変わる。会議が変われば会社が変わる?
あの89歳自撮り婆さん「西本喜美子」の展覧会が開催される!相変わらずシュールと話題に
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加