【MS&ADカップ2019 なでしこジャパンvs 南アフリカ女子代表戦 ハイライト動画】なでしこジャパンが南アに完勝、五輪に向けての強化は順調。日本代表新ユニフォームもお披露目!

【MS&ADカップ2019 なでしこジャパンvs 南アフリカ女子代表戦 ハイライト動画】なでしこジャパンが南アに完勝、五輪に向けての強化は順調。日本代表新ユニフォームもお披露目!

  • LEGENDS STADIUM
  • 更新日:2019/11/11
No image

10日、『MS&ADカップ2019』が福岡県の北九州で行われ、なでしこジャパンが南アフリカ女子代表と対戦。キャプテン熊谷紗希の代表初ゴールを含む2対0で勝利し、12月に行われるE-1選手権に向けて、順調な仕上がりであることを示した。

東京五輪で着用する、新ユニフォームのお披露目となる一戦。スタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、土光真代、遠藤純。ダブルボランチに宮川麻都と三浦成美。右に中島依美、左に長谷川唯。2トップに岩渕真奈と菅澤優衣香が入る、4-4-2でスタートした。

開始からなでしこが持ち味のパスワークでボールを保持し、サイドを起点に攻撃を展開する。そして前半20分、中島があげたコーナーキックを土光が右足で合わせると、南アフリカの選手がゴールライン手前でクリア。跳ね返ったボールを熊谷が頭で押し込み、代表初ゴールをマークした。

前半32分には長谷川とのコンビネーションで岩渕がシュートを打つが、わずかにゴールの上。ゴールこそならなかったが、岩渕が動いてボールを引き出すことで、なでしこのリズムができ始める。

前半41分には、岩渕のパスを受けた菅澤がゴール前で反転し、狙いすましたシュートをゴール右に流し込む。前半で2点にリードを広げたなでしこは、後半開始から宮川と中島に替え、籾木結花と杉田妃和を投入する。

後半2分には土光のクリアを拾われ、2018年のアフリカ最優秀選手クゲトラナにシュートを打たれるが、左のゴールポストを直撃し、事なきを得た。

後半17分、遠藤に替えて三宅史織を投入。さらには菅澤に替わり、小林里歌子がピッチに入った。岩渕が左に入り、トップ下に長谷川、ワントップに小林という布陣で攻め込むなでしこは、右サイドの籾木を起点にチャンスを作っていく。

後半34分には、三浦に替えて猶本光。後半40分には、攻撃を牽引した岩渕を下げて、植木理子を投入する。植木は短い時間ながら積極的にシュートを放ち、存在をアピールした。

終了間際には籾木のチャンスメイクから長谷川がシュートを打つが、GKに防がれてゴールならず。3点目こそならなかったが、危なげない試合運びを披露したなでしこが、南アフリカに2対0で完勝した。

試合後、高倉麻子監督は「南アフリカの個の強さ、速さにテンポを掴みきれず、スッキリしない展開になってしまった」と振り返り、キャプテンの熊谷は「(得点は)やっと入った。普段とは違うスタイルの相手と戦う中で修正点はたくさんあるが、(失点を)ゼロに抑えて勝てたのは良かった」と笑顔を見せた。

来年の東京五輪に向けて、強化を続けるなでしこ。次戦は12月、韓国で開催されるE-1選手権となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本代表、兼任監督が限界な理由。もはや時代錯誤...2つの敗北が示唆する森保監督に課せられた無理難題
再考すべき柴崎岳の起用。日本代表のシステム上限界...影を潜めるプレーメーカーという役割
大量4失点の惨敗を喫した森保ジャパンへなぜ拍手と歓声? ベネズエラ戦のスタンドに抱いた違和感
「修正に対する全責任は僕」 17試合連続出場中の“司令塔”柴崎岳、守備崩壊に自身責める
【ベネズエラ戦|戦評】修正力の欠如、経験値の乏しさ...完敗のゲームで現われた森保ジャパンの大きな課題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加