ビートたけしの金言集「“絶賛ダイエット中”を周囲にアピール!」

ビートたけしの金言集「“絶賛ダイエット中”を周囲にアピール!」

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2017/04/21
No image

約2年に1本ペースで1989年から今日までに17本の映画を監督されている殿が、映画クランクイン前にほぼ必ずやる行為がダイエットです。

監督として、さらに役者としても映画に参加する、“撮って出るタイプ”の殿は、映画が始まる2カ月程前になると、

「朝から何も食ってねーな」

「俺は弁当はいいから。お前ら食べちゃえ」

等々、“オイラは今、絶賛ダイエット中である”といったアピールを周りにガンガンされ、大体6キロ程落としては映画の撮影に挑みます。

で、殿はまず顔から痩せていくタイプなため3キロぐらい落とすと、すぐにその成果がはっきりと現れ、あからさまにシャープな顔つきへと変化するのです。

そうなると、マネージャー、弟子、番組のスタッフさんなどが口々に「殿、痩せましたね」「たけしさん、痩せました?」等々、その“ダイエット成果”について指摘します。こういった時、殿は「そう?」といいながらも、手であごの辺りをさすりながら、何度も鏡で顔を確認され、“うん、確かにオイラは痩せた”と言わんばかりに、人知れず満足な表情を浮かべるのです。

だいぶ昔、ブラッド・ピットが主演した映画「ファイト・クラブ」が公開された頃、腹筋がバキバキに割れたブラピの肉体美を、CMにてやたらと目にすることがありました。

その時期、殿も絶賛ダイエット中だったのですが、ある日、楽屋にて着替えのため上半身裸になった殿の体を見ると、少しばかりですが、はっきりと痩せられていたため、持って生まれた太鼓持ち気質のわたくしは、とにかく殿のダイエット行為を何とか賛美したく、つい「殿、痩せましたね~。まるでファイト・クラブのブラッド・ピットじゃないですか」と口走ってしまったのです。自分の発言とはいえ、〈さすがにブラピは言い過ぎたか?〉と、瞬時に後悔の念を胸の内で抱いていると、殿は一旦わたくしの発言を「うんうん‥‥」といった感じで飲み込んだ後、すぐさまボクシングのファイティングポーズをとると、1人勝手に軽いシャドーボクシングを開始されたのです。

“まさか”、殿はわたくしのブラッド・ピット発言をお気に召していたのでした。

そんな、“肉体褒められるの大好きっ子”な殿が、少し前実践していたダイエット方法が、プールでのウォーキングダイエットです。

週3日のペースで、トレーナーの指導のもと1時間程水中ウォーキングをされていた時期があったのですが、殿いわく、

「今教わってるトレーナーが結構マニアックな俺のファンで、歩きながら昔の話をいろいろと聞いてくるんだよ。だから俺も歩きながら、あの話はあーでこーでって漫談やりながら歩いてんだから。結構しんどい1時間だぞ‥‥」

殿の“おしゃべりダイエット”、確かに痩せそうです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高畑淳子 初めて語った怒りの胸中「裕太の人生が台無しよ!」
GACKTがテレビで言わなかった「マレーシア移住」本当の理由
石原さとみ・山P「熱愛確定」でも結婚しない「3つの理由」
マツコ、木村拓哉に「娘さんが...」家族の話に衝撃走る
楽しんごが22キロ激太りで84キロに 「しくじり先生」も出演お流れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加