「劇場版 夏目友人帳」中国での興行収入が公開3日で10億円超える

「劇場版 夏目友人帳」中国での興行収入が公開3日で10億円超える

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2019/03/15

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」が中国で3月7日に公開され、3月15日に興行収入が1億元(16.6億元)を突破。2019年に中国で公開された日本映画の興行収入が1億元を超えるのは、本作が初となる。

No image

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」中国版ポスタービジュアル

中国公開初日の興行収入が1936万元(約3.2億円)を超え、日本映画としては中国において2019年初めて興行収入デイリーランキング1位に輝いた本作。さらに中国では、公開から3日間で興行収入が6478万元(約10.7億円)に。日本では2018年9月29日に封切られ、最終的な興行収入は7億円を超えたが、中国において日本の成績を上回る結果となった。なお中国で公開された日本映画の興行収入が1億元を超えるのは、2018年に封切られた「名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)」と「となりのトトロ」デジタルリマスター版に続く快挙だ。

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」は、緑川ゆき原作の長編アニメーション。声のキャストに神谷浩史、井上和彦、ゲスト声優の高良健吾らが名を連ねた。

(情報・写真提供:新浪)

(c)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インドネシア初の地下鉄、首都に完成=「オールジャパン」で建設
中国人にはあまり知られていない、日本の世界一とは=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加