ヤングなでしこ、U-20W杯初の決勝進出ならず...延長戦でフランスに屈し米国との3位決定戦へ

ヤングなでしこ、U-20W杯初の決勝進出ならず...延長戦でフランスに屈し米国との3位決定戦へ

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/11/29
No image

[11.29 U-20女子W杯準々決勝 日本1-2(延長)フランス]

U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は29日、U-20女子W杯準決勝でU-20フランス女子代表と対戦し、延長戦の末に1-2で敗れた。この結果、日本は12月3日に行われる3位決定戦でU-20アメリカ女子代表と対戦することが決まった。なお、同日開催の決勝戦ではU-20北朝鮮女子代表とフランスが対戦する。

自国開催で過去最高の3位となった2012年以来、2大会ぶり5度目の出場となった日本は、B組を2勝1敗の首位で通過。準々決勝では、A組2位のU-20ブラジル女子代表を3-1で下し、2度目の準決勝進出を決めていた。対するフランスは、アメリカに続くC組2位で突破。準々決勝では、U-20ドイツ女子代表に1-0で勝利し、2大会連続の4強入りを果たした。

試合は前半12分、日本が左CKの流れから左サイドでFW籾木結花のパスを受けたMF隅田凜が右足でクロスを上げる。インスイングのボールがそのままゴールに吸い込れたかに思われたが、クロスバーを叩いた。一進一退の攻防が続くと、同27分に日本にアクシデントが発生。MF宮川麻都が右手を相手選手に踏まれ、DF守屋都弥との交代を余儀なくされた。宮川はベンチに引き上げる際、タオルで顔を覆っていた。

前半42分、PA左で仕掛けたMF長谷川唯が中央にボールを運んでシュートコースを作り、右足を振り抜くもわずかにゴール左に外れ、チャンスを逃した。結局、前半はそのまま0-0で終了。国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトによると、ポゼッション率は日本が54%、フランスが46%で、シュート数は日本が7本(枠内は1本)、フランスが3本(枠内は0本)だった。

今大会4試合でわずか2失点の日本は、前半フランスに決定的な場面を作らせなかった。守備陣の奮闘に応えたい攻撃陣は、後半7分にふわっとしたパスで籾木が裏に抜け出すも、カバーに戻った相手DFに寄せられ、ボレーシュートは枠内に飛ばなかった。すると、同14分にFW上野真実が相手の悪質なファウルを受けて負傷し、FW西田明華との交代でピッチを後にした。

互いになかなか決定的な場面が作れないまま時間は進み、試合は延長戦に突入。そして迎えた延長前半9分、右サイドのクロスからMFクララ・マテオにヘディングシュートを決められ、日本はフランスに先手を許す。これで集中力が切れたのか、日本は同11分にも追加点を許してしまい、0-2。延長後半4分には、籾木が獲得したPKを自ら決めたが、あと一歩及ばず、1-2で敗戦。この結果、日本はアメリカが待つ3位決定戦にまわることとなった。

以下、試合記録(日本のみ)

■日本 1-2(延長)フランス

99分:失点

101分:失点

109分:籾木結花(PK)

[U-20日本女子代表]

先発

GK 1 平尾知佳

DF 3 北川ひかる

DF 4 市瀬菜々

DF 5 乗松瑠華(C)

MF 6 隅田凜

MF 7 杉田妃和

MF 8 長谷川唯

MF 14 三浦成美

MF 15 宮川麻都

(29分→DF 16 守屋都弥)

FW 10 籾木結花

FW 18 上野真実

(59分→FW 9 西田明華)

(102分→MF 17 松原志歩)

控え

GK 12 松本真未子

GK 21 浅野菜摘

DF 2 水谷有希

DF 13 羽座妃粋

MF 19 塩越柚歩

MF 20 林穂之香

FW 11 河野朱里

監督

高倉麻子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
迫る内田の復帰...シャルケ監督がELメンバー入り示唆「同行できれば嬉しい」
水谷隼「Tリーグ」へ提言「中国選手を呼ばないと」
元C大阪のクルピ監督、悲劇のシャペコエンセを指揮?...無給での就任意向示す
石川がイタリアへ出発「変わったといわれるようになりたい」/バレー
活躍していない本田圭佑を、ミランが急にアゲ始める! その理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加