ケガ人続出の全長38mすべり台、開設2日で閉鎖

ケガ人続出の全長38mすべり台、開設2日で閉鎖

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2019/05/15

スペインで最長となる全長38メートルのすべり台が作られたが、ケガ人が続出。オープン2日目にして閉鎖されたという。

No image

その他の大きな画像はこちら

スペイン・アンダルシア州にあるリゾート地コスタ・デル・ソルに設けられたこの滑り台は金属製で、340万円ほどかけて完成。高さの違う場所にある歩道をすべり台で繋ぐことで、移動時間を10分ほど短縮する目的で作られたが、傾斜がなんと32度から34度とかなり急な坂で、スピードがかなり出てしまうものとなってしまった。

1000人以上の人間がすべり台をすべってみたそうだが、何名か怪我を訴えることに。結果、安全上の保証をチェックするために閉鎖されることとなった。

ネットでは「金属製だから火傷しちゃうんだな」「見るだけで結構怖い」「意外と楽しそうでもある」「8歳の子が設計したのかな?」「すべってみたい」といった声が上がっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの松下幸之助が新人研修で語った、「自分の運を良くする方法」
なぜ介護業界に“中年童貞”が多いのか? 専門家が見た笑えないリアル
引っ越しの退去費用で17万の請求が......「ある言葉」を伝えたら追加費用もなくなり敷金も全額戻って来た話が話題 → 元不動産屋に話を聞いてみた
景気が悪化する中、朝日新聞がMMTを「曲論」と断定しました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加