キングジム、テンキー部分にかぶせて使う省スペース型マウスパッド

キングジム、テンキー部分にかぶせて使う省スペース型マウスパッド

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

キングジムは18日、キーボードのテンキー部分にかぶせて使うマウスパッド「マウスブリッジ」を発表した。11月11日に発売する。価格は税別2,500円。

No image

マウスブリッジの使用イメージ。テンキーを使わないユーザーは省スペース化が狙える

フルサイズキーボードのテンキー部分にかぶせて使うマウスパッド。本来マウスパッドを置いていたスペースをキーボード上に持ってこられるため、デスクまわりの省スペース化に役立つ。テンキー以外のキーとマウスの位置も近づくため、右手の移動距離が短くなり作業効率の向上も図れるとする。

本体色はブラックのクリアータイプで、マウスを載せる表面部分には細かい凹凸加工を施すほか、手前に傾斜をかけることでマウス操作がしやすくなる。本体サイズはW130×D240×H65mm、重量は約210g。内径は約130×230×60mm。マウスのソール部に貼り付けることですべり具合を調整できる「摩擦調整シール」が付属する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS専用ブラウザー「Smooz」2016年度ベストアプリに選出
仕事中のストレス解消に活用したい「機能性おやつ」
5年以内に暗闇でも見えるようになる赤外線メガネが実現するかもしれない
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
充電なしでスマホを12年間も動かせるバッテリーが開発される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加