弾劾巡る交渉物別れ 採決厳しい状況 韓国政治混迷

弾劾巡る交渉物別れ 採決厳しい状況 韓国政治混迷

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾(だんがい)について、最大野党と与党の「非主流派」が1日朝、緊急会談しました。しかし、交渉は決裂し、2日の採決は厳しくなりました。ソウルから報告です。

(高橋政光記者報告)
朴大統領が条件付きとはいえ辞意を表明したことで、次の大統領選挙をにらんで与野党の足並みが乱れています。最大野党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表と与党「セヌリ党」で朴大統領と距離を置く非主流派のリーダーの金武星(キム・ムソン)前代表が1日朝に会談しました。朴大統領の辞任の時期について、秋代表は来年の1月末を主張、これに対して金前代表は4月末を主張し物別れに終わりました。弾劾の日程についての合意もありませんでした。2日の弾劾採決は極めて厳しくなり、来週の採決も予断を許さない状況になってきました。ただ、こうした国民不在の政治闘争で抗議デモが激しくなる恐れもあります。朴大統領は進退について国会にボールを投げたもののさらなる混乱を招くことになり、再び国民への説明が必要だという声が高まりそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】“カジノ法案”審議わずか6時間で可決
“北方領土問題の進展図る”日露外相が一致
南スーダン「国連PKO代表」が不在の異常事態!
領土問題進展に向け協議継続 日ロ外相会談で一致
安倍首相の在職1807日、歴代6位に 5日に中曽根氏抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加