最新ランキングをチェックしよう
認知症は遺伝する?近い親戚に患者がいるとリスクが増加、米ユタ大学研究

認知症は遺伝する?近い親戚に患者がいるとリスクが増加、米ユタ大学研究

  • @DIME
  • 更新日:2019/06/24

家族歴で認知症リスク増、遠い親戚でも
認知機能が低下した祖父や、物忘れのひどい大叔父がいる人は、自身もアルツハイマー病を発症するリスクが高まる可能性がある。
特に、近い親戚に患者がいる場合はその可能性が高い―そんな研究結果が、米ユタ大学教授のLisa Cannon-Albright氏らにより発表された。この研究結果は「Neurology」3月13日オンライン版に掲載された。
Cannon-Albr

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
この巨大な3つのブラックホールたちは、いつの日か融合するだろう
人間の体には「切断されても再生するサンショウウオのような再生能力」が備わっていると判明
世界初の完全サイボーグ化手術を行う決断をした、末期の病に冒されたロボット科学者(イギリス)
コアラがウイルスの攻撃を受けて今まさに進化の時を迎えている
温暖化で「死滅」のサンゴ、現存コロニーで回復を初確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加