レスター岡崎、チェルシー戦で自己犠牲の精神発揮 ドロー貢献、チーム3位タイ好評価

レスター岡崎、チェルシー戦で自己犠牲の精神発揮 ドロー貢献、チーム3位タイ好評価

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/14
No image

ヴァーディと縦関係の2トップ、決定機外すも地元紙「利他的に守備に戻った」と称える

レスター・シティのFW岡崎慎司は現地時間13日の強豪チェルシー戦に先発出場。決定機を逃すシュートミスもあったが、現地メディアはその自己犠牲の精神の高さを称え、チーム3位タイの好評価を受けた。

4-4-2システムで、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと縦関係の2トップを組むお馴染みの布陣で先発した岡崎。前半7分にDFベン・チルウェルからの折り返しをゴール前で合わせるビッグチャンスを迎えたが、この場面ではシュートをゴール上へ外した。

決定機を外してしまったものの、その後も攻守に奮闘。後半にチルウェルが退場となる劣勢のなかでレスターは0-0の引き分けに持ち込み、岡崎も勝点1奪取に貢献した。

英地元紙「レスター・マーキュリー」の選手採点では、「またも体力が尽きるまで働きを見せた。利他的に何度も守備に戻った」として岡崎にチーム3位タイとなる7点が与えられた。

チームトップはセンターバックのDFハリー・マグワイアとMFウィルフレッド・エンディディの二人で8点。ワースト評価は退場となったチルウェルで5点だった。

英衛星放送局「スカイ・スポーツ」では、同局のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたマグワイアとMFリヤド・マフレズが8点でトップタイ。岡崎は「8ヤードの距離からゴールを逃した」とミスを指摘されているものの、チームへの貢献は評価され、ここでも他3選手と並ぶ7点を獲得した。

自己犠牲の精神の高さは相変わらずで、現地でも高い評価を受けている岡崎。この日は1枚イエローカードを受け、後半28分で途中交代となった。元日のハダースフィールド戦に続いて2試合連続スタメンでアウェーでの貴重な1ポイント獲得に貢献している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヘディング弾の香川真司を現地メディアは高めの評価。「効果的ではなかったが...」
最も影響力のあるランジェリーモデル
ヘルタ原口元気、浦和復帰も選択肢か...英国とドイツからもオファー
バルサ初黒星 メッシPK失敗
移籍間近?...モウリーニョがサンチェス獲得に言及「今回は特別な状況」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加