”レアル愛”貫くドルトのエース、CEOも考えを理解「相手がノックしてくれば交渉に応じる」

”レアル愛”貫くドルトのエース、CEOも考えを理解「相手がノックしてくれば交渉に応じる」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/20
No image

ドルトムントに所属するピエール=エメリク・オーバメヤン【写真:Getty Images】

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、“レアル愛“を貫く27歳のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンについて言及した。18日に英メディア『チームトーク』が報じている。

オーバメヤンは以前から、移籍するとすればレアル・マドリーだけであることを明言していた。その理由について「僕は祖父と約束したんだ。いつかあの場所でプレーするってね」と説明している。

これに対してヴァツケCEOは「レアル・マドリーがノックしてきた場合、我々は交渉に応じるよ。ただ、簡単に手放すつもりはないがね」と語り、オファーが届けば話し合いに応じるとの姿勢を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アーセナル、ストークに逆転勝利で3連勝。リーグ戦14試合負けなし
アーセナル中盤MF、ストーク戦欠場の理由は”軽いハムストリング負傷”
ザック「本田はサイドの選手ではない」恩師が語る“取扱説明書”
地上178メートルからのシュートに成功!58階建てのビルから放った超ロングショットがすごい
L・スアレス先制弾&メッシ2発!! バルサ、最下位オサスナ撃破で4戦ぶり白星

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加