かごとノズルの改良によって使い勝手が大幅にアップ!パナソニックが幅60cmワイドタイプの新型ビルトイン食器洗い乾燥機を発売

かごとノズルの改良によって使い勝手が大幅にアップ!パナソニックが幅60cmワイドタイプの新型ビルトイン食器洗い乾燥機を発売

  • @DIME
  • 更新日:2019/11/23
No image

パナソニック ライフソリューションズ社は、幅60 cmワイドタイプのビルトイン食器洗い乾燥機の新製品として、ドアパネル型の「NP-60MS8S」とドア面材型の「NP-60MS8W」の2機種を2020年2月1日に発売する。価格はいずれも224,000円(税・工事費別)。

No image
No image

食器洗い乾燥機の国内市場は、従来の節水・省エネ志向に加えて、共働き世帯の増加により、家事のさらなる負担軽減が求められるなか、需要が増加傾向にあるという。今回同社では、そんな多様化するユーザーニーズに応えるため、多数の食器や調理器具などをまとめて洗える幅60 cmタイプを約14年ぶりにフルモデルチェンジ。M8シリーズ(幅45 cmタイプ)で好評の機能を幅60cmタイプに展開した。

具体的には、上カゴを「フルフラット」「フラット」「スライド」「フルフラップ」の4つのスタイルに可変でき、食器セッティングの自由度がアップする「ムービングラック プラス」を採用。

No image

さらには、立体的に庫内の隅々まで洗える「3Dプラネットアームノズル」を搭載。上下段ノズルと、4つの洗浄モードを自動ローテーションする上カゴ専用のセンターノズルで、食器や調理器具を多数セットしても、立体的にくまなく洗浄することが可能だ。

No image

また、パナソニック独自の「エコナビ」機能を搭載し、食器などの量や汚れが少なければ、自動的に節水・省エネしてくれるのも嬉しいポイントだ。

標準収納容量(食器点数)は50点。食器や調理器具を一気にまとめ洗いすることが可能だ。

関連情報
https://sumai.panasonic.jp/dishwasher/

構成/立原尚子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
12月のAndroidセキュリティアップデートがはじまりました!
船大工が広めた、物の形を写し取るシンプルな工具「ティック・スティック」の使い方
+12V切り替えスイッチ搭載のCooler Master製ハイエンド電源
クリエイター向けのハイエンドX299マザー「X299 CREATOR」
冷蔵庫なら20時間、大画面テレビなら15時間以上動かせる!災害時に大活躍間違いなしの大容量126万mWhポータブル電源「EFDELTA」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加