関智一、谷山紀章...人気声優たちが大パニック! 工藤静香トリビュートアルバム座談会に本人登場

関智一、谷山紀章...人気声優たちが大パニック! 工藤静香トリビュートアルバム座談会に本人登場

  • アニメ!アニメ!
  • 更新日:2018/01/12
No image

「Shizuka Kudo Tribute 座談会イベント」カメラマン:福岡諒祠

もっと画像を見る
人気男性声優たちが、工藤静香の楽曲をカバーしたトリビュートミニアルバム「Shizuka Kudo Tribute」の座談会イベントが1月10日に開催。名曲を歌い上げた男性声優陣7人の中から関智一、鈴村健一、谷山紀章、下野紘、そして工藤本人もサプライズ出演し、ファンを盛り上げた。

【フォトギャラリー】男性声優陣と工藤静香のショット、もっと見る?

イベントではまず、声優陣が今回の企画に参加した感想を語った。工藤と年が近く親近感があって大好きだという関は、企画を聞いた際に「マジか! 絶対やるやるやるやる」と参加を即答したそう。

鈴村は姉が工藤のファンで楽曲をよく歌っていたというエピソードを明かし、他の3人より少し下の世代の下野も妹や後輩がカラオケで楽曲をよく歌っていたと振り返る。工藤の楽曲が世代を超えて愛されていることが伝わってきた。

コーナー「工藤静香クイズ 大喜利」では、関がしっかりボケつつも次々と正解を連発して会場を沸かせていく大活躍を見せ、続いての谷山による『めちゃくちゃに泣いてしまいたい』のカラオケ披露で、イベントは急展開。谷山の美声に皆が酔いしれていると、なんと工藤本人が歌いながら登場し、ステージ上は大パニックに。驚いた声優陣は次々とステージを飛び降り、客席から工藤の歌声に聴き惚れていた。

サプライズに取り乱した声優陣に、トリビュートミニアルバムを聴いた感想を語る工藤。最後には、「愛絵理」というペンネームで作詞した曲が貯まったので、今年は何かをしたいと抱負を話した。エンディングでは声優陣4人が満足げな表情を浮かべつつ、アルバムに参加できた喜びを語り、ステージ上にマイクをそっと置いたところでイベントは幕を閉じた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
野口五郎 音楽活動の裏で大成功を収めていた“驚きの副業”
宇多田ヒカルが初新人プロデュース「使命感を感じ」
Da-iCE 岩岡徹、和田颯が1人の女性を奪い合う三角関係に!?
「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない」。小袋成彬、宇多田ヒカルプロデュースでメジャーデビュー
今ここを照らす光 - 『NOW PLAYING』 AL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加