頭部骨折のハルMFメイソン引退、医者の助言で決断

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14

2017年にチェルシー戦で頭蓋骨骨折をしたハル(イングランド2部)のMFライアン・メイソン(26)が現役を引退することを発表したと、14日に英国複数メディアが報じた。

メイソンは15年にイングランド代表として1試合出場。チェルシー戦でガリー・ケーヒルと接触して負傷し、その後、手術を受けていた。複数の世界的に著名な神経科医と神経外科医の助言により、引退の決断を下したという。再びプレーするために休みなく働いてきたが、リスクがあることから、引退という以外の選択肢がなかったと話した。

メイソンはトットナムでキャリアをスタートさせ、16年8月にハルのクラブ記録となった1300万ポンドで移籍した。ケーヒルとの接触後、ピッチ内で8分間の治療が行われ、酸素マスクをつけて担架で運び出された。ロンドン市内の病院で手術後、1週間入院していた。退院後、生きていて幸運だったと口にしていた。同選手は昨年5月にトレーニングに参加していたが、復帰のめどは立っていなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カーリング女子「そだねー」が流行語大賞に?女性ネットユーザー「イライラする」声も
小平奈緒、スケート以外にこんなすごい一面が!―中国メディア
もし赤ちゃんのオリンピックがあったら...っていう動画がカワイすぎ! 雪上の競技に挑む姿にネット民はメロメロ
銀メダルの韓国スケーターがレース後に土下座、女子マススタート
上西小百合さん、カー娘の容姿「白鵬」とネタにし炎上...居酒屋で箸袋投げつけられた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加