[MOM2215]横浜創英FW亀山陽有(1年)_市船相手に“衝撃”の4発!FW転向4か月のストライカー

[MOM2215]横浜創英FW亀山陽有(1年)_市船相手に“衝撃”の4発!FW転向4か月のストライカー

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/17
No image

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]

[9.16 NB CHAMPIONSHIP U-16 横浜創英高 5-1 市立船橋高 時之栖うさぎ島A]

名門・市船相手に“衝撃的”な4ゴール。インパクト十分の活躍をしてのけた横浜創英高FW亀山陽有(1年)は「自分でも結構驚いているんですけど、ベンチにいるメンバーや、横浜に残っているメンバーも含めた力を自分の力に変えられて、あの4点に繋がったのだと思います」とチームメートたちに感謝した。

仲間の力もパワーに決めた4発。まずは前半16分、亀山はMF坂岸寛大(1年)の右CKを頭でゴールへねじ込んで先制ゴールを奪う。さらに後半9分にもCB坂内廉が後方から蹴り込んだFKを頭で判断良くゴールへ流し込んで2点目を挙げた。

元CBのストライカーが高さを活かした2発。そして終盤の2ゴールは「前に敵がいて、ボールがあって、その中で負けない、自分がやれるという気持ちを全面に出してボールを追っかけてやりました」という闘志とスピード、コンタクトの強さがもたらした。

3-1の後半26分、前線でボールを収めた亀山は強引にドリブルで持ち込んで右足シュート。ハットトリックを達成すると、アディショナルタイムにも競り合ったDFをねじ伏せるように力強い前進をして4点目のゴールを叩き込んだ。

SCHに所属していた中学時代はCB。スピードがあり、跳ね返すことのできるDFだったというが、後方からの丁寧なビルドアップを求められる横浜創英でCBとして出場することは難しかった。だが、「スピートと身体の強さは魅力」(宮澤崇史監督)という亀山は今年5月のコンバートをきっかけにFWのポジションでポテンシャルを発揮していく。

この日は、パワフルな突破を見せたほか、高さとスピードも発揮して4得点。相手に厳しいチェックの前にボールをキープしきれない部分もあったが、会場に訪れた宮澤監督の前でFWとしての自分を猛アピールした。市船からの4ゴールは本人にとっても大きな自信になったことは間違いない。「自分がいれば勝てると、チームに安心感を与えられるような選手になりたい」というストライカーが、今後もゴールを決め続けて、チームメート、スタッフからの信頼感を高める。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

【特設ページ】newbalance CHAMPIONSHIP U-16/2017

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
WoT「第3次PCメーカー対抗トーナメント」連覇の王者GALLERIAに挑んだG-GEAR、白熱した勝負の行方は!? - TGS2017
日テレ4度目V3 得点女王FW田中美南がトドメ
鹿島 5連勝でVへ独走態勢! DF植田がハリル監督の前でロスタイム弾
磐田・俊輔 J1最多のFKゴール「24」に伸ばす 第5子誕生にゆりかごダンス
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加