Steamが「LGBTQ+」のタグと検索用ハブページを正式に導入

Steamが「LGBTQ+」のタグと検索用ハブページを正式に導入

  • Game Spark
  • 更新日:2019/06/24
No image

Steamが「LGBTQ+」のタグと検索用ハブページを正式に導入

No image

Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにて「LGBTQ+」のタグとハブページを正式に導入しました。

これはインディーデベロッパーYitz's secret lairが、発売予定タイトル『To The Dark Tower』にLGBTQ+タグを追加しようと考えたところ、公式のタグが存在しなかったため開発者フォーラムへ投稿したことがきっかけ。以前は「LGBT」という非公式タグを使用していましたが、ハブページ機能が削除されたことで作品が検索できない状態になっていました。

これを受けたValveはすぐさま公式タグとしてLGBTQ+を追加。現在ではハブページにて、タグが追加された作品を検索することが可能です。まだまだ作品数は少ないようですが、こうしたタグが公式に登場したということは、事実は前向きな一歩と言えるでしょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『Mortal Kombat 11』DLCキャラ「ナイトウルフ」ティーザー映像! 斧を掲げる勇姿を披露
WHOの診断名に「ゲーム障害」が加えられ「性同一性障害」がなくなる
推しのデザイン缶をゲットせよ!『あんスタ』のオリジナルティー発売
たくさん並べたい!「トイ・ストーリー」エイリアンの和菓子が発売 夏らしい浮き輪Ver.もかわいい
「Steamセールのマストバイ」番外編!Steamで遊べるオススメ宇宙ゲーム21選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加