ポケットモンスター ソード・シールドには「登場しないポケモン」をゲームデータのハッキングで復元する試み

ポケットモンスター ソード・シールドには「登場しないポケモン」をゲームデータのハッキングで復元する試み

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/11/19
No image

2019年11月15日(金)に発売された「ポケットモンスター ソード・シールド」では、過去シリーズに登場したすべてのポケモンがゲーム中に登場するわけではありません。すべてのポケモンが登場するわけではないという点については多くのポケモンファンから批判が集まっていたのですが、新たにハッカーがゲームデータを改造して「登場しないはずのポケモン」をソード・シールドに登場させるという試みが行われています。

Pokemon Sword and Shield hackers start restoring cut Pokedex monsters - Polygon

https://www.polygon.com/2019/11/18/20970489/pokemon-sword-shield-hacking-modding-national-dex-cut-monsters-nintendo-switch

ハッカーのMattさんによると、ポケットモンスター ソード・シールドのゲームデータを解析したところ、ゲームには登場しないとされているポケモンは、記事作成時点では登場しないものの、データとしてはゲームの中に含まれているそうです。そのため、データに含まれているポケモンの一部は今後のアップデートなどで新たに登場する可能性があるとのこと。

例えば、ポケットモンスター サン・ムーンで登場した伝説のポケモンである「ルナアーラ」は、ソード・シールドでは登場しないポケモンではあるものの、データとしてはゲームの中に含まれている模様。

No image

"we don't know if they're usable it's probably just leftover data" lol
— Matt (@mattyoukhana_)
2019年11月16日
from Twitter

別のハッカーであるMichaelさんは、特殊なツールを使って「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ」からポケモンの3DCGモデルをインポートするという荒技で、ソード・シールドには登場しないポケモンを再現しています。
Michaelさんによると、セーブファイルエディターを用いてワンパチをソード・シールドには登場しないはずのオムスター(レベル50)に改造した模様。Michaelさんは「改造自体はそれほど難しくありませんでした。もちろん、より多くの作業が必要ですが、実際にオムスターが動いているのを見るのはかなりクールです」とツイートしています。

No image

Well, that wasn't so hard.
Needs a ton more work, of course, but it's pretty cool to see it functioning.
— Michael (@SciresM)
2019年11月18日
from Twitter

実際にオムスターが動いている様子は以下の通り。

No image

Yay, animations!
— Michael (@SciresM)
2019年11月18日
from Twitter

さらにはオムスターのバトル時の動作を録画したムービーも公開しています。Michaelさんは「バトルに入る際のアニメーションは壊れているものの、それ以外は上手く動作します。明らかにステータスは壊れており(個人的な試みの中でもステータスを修正することはできていません)、このステータスは改造に使用したワンパチのものでした」ともツイート。

No image

Animation on entering battle is pretty broken, but it works okay other than that.
Obviously stats are broken (didn't fix the personal entry yet), and this was originally an edited yamper that I didn't bother giving legitimate moves.
— Michael (@SciresM)
2019年11月18日
from Twitter

ワンパチの姿をオムスターに改造したものであるため、オムスターの使えるわざ(赤枠部分)はワンパチの「Tail Whip(しっぽをふる)」「Tackle(たいあたり)」「Nuzzle(ほっぺすりすり)」となっていることが確認できます。

No image

なお、Michaelさんによると実際の作業時間は約1時間で、作業に使用されたツール「PKHeX」の開発・保守に費やされた時間はカウントされていないとのこと。

約1時間の作業でポケモン1体の3DCGモデルをソード・シールドにインポートすることができたということで、「ゲームフリークにはこの作業も難しすぎたのか……」という指摘もあります。

Too hard for Game Freak though apparently...
THANK YOU for proving this can be done in a short time!
— WannabePoketuberAustinJohn (@PoketuberAustin)
2019年11月18日
from Twitter

ただし、Michaelさんの行った3DCGモデルの改造はポケモンのアニメーションデータやステータス情報をインポートすることはできていないため、より多くの作業時間が必要になる可能性があります。
Michaelさんは「古いポケモンをソード・シールドにインポートすることは難しいものの、実行可能ではあります」と記しており、他のハッカーなどがアニメーションやステータスなどを正確にインポートするための方法を編み出してくれることを期待しているとしています。また、ソード・シールドには実装されていないポケモンのステータスを正しくインポートするためのツールを開発する予定だそうです。
なお、ソード・シールドのワイルドエリアの木があまりにも雑だということで、ワイルドエリアの木を高解像度に改造するというプロジェクトも存在します。

No image

ワイルドエリア怖すぎて泣いた
— キトロン (@ttssee_05)
2019年11月15日
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『La-Mulana 1 & 2』が海外向けPS4/Xbox One/ニンテンドースイッチでリリースー北米は3月17日欧州は20日オセアニアは27日に
あまりの安さに間宮祥太朗さんが絶叫!PS4新TVCM『えーーーー!!!!』篇、16日より全国オンエアを開始─メイキング&インタビュー映像も公開
『KOFG』環境整備のため2020年1月初旬までコンテンツの新規更新を停止─期間中もプレイは可能、再開後には新たなイベントも開始予定
「ファミコン&スーファミ スイッチオンライン」新規タイトル4本配信―『スタフォ2』『星のカービィ スパデラ』『ファミコンウォーズ』等
『Halo: The Master Chief Collection』PC版発売週に2機種で約300万人がプレイ!配信視聴は300万時間近くに

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加